7261 マツダ 東証1 15:00
1,873.0円
前日比
+22.5 (+1.22%)
比較される銘柄: トヨタホンダ日産自
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.2 1.14 1.87 1.18

銘柄ニュース

戻る
2016年02月25日07時30分

前日に動いた銘柄 part2:セレス、ワイヤレスGなど


銘柄名<コード>⇒2月24日終値⇒前日比

アルバック<6728> 3330 -175
高値更新でいったんは達成感なども。

航空電子<6807> 1085 -70
電子部品株安の流れに乗る形へ。

ネクソン<3659> 1620 -32
23日には資本金圧縮で配当原資確保などと伝わっていたが。

東芝<6502> 173.7 -8.9
米WDのサンディスク買収など見極めも。

太陽誘電<6976> 1078 -43
円高なども背景に本日は電子部品株が軟調推移に。

オープンハウス<3288> 1999 -21
リバウンド一巡感で戻り売り優勢の格好だが。

アルパイン<6816> 1246 -39
輸出比率高く円高を嫌気へ。

日東電工<6988> 5777 -276
24日は電子部品セクターの軟調な動きが目立つ。

SUMCO<3436> 733 -33
米半導体関連株などが軟調で。

三菱UFJ<8306> 478.6 +4.6
メガバンクは切り返し、PBR水準の割安感なども意識か。

シャープ<6753> 174 -5
鴻海の出資スキームなど依然として不透明で。

野村HLDG<8604> 479.8 -5.2
前場メガバンクの上昇に連れ高する格好も、伸び悩む。

トヨタ<7203> 5974 -20
自動車株は為替の円高が嫌気される。

マツダ<7261> 1567.5 -41.0
ユーロ・円の下落がマイナス材料として響く。

三井物産<8031> 1328.0 -13.5
原油市況の下落で資源関連株は軟化へ。

ぷらっとホーム<6836> 3445 +440
23日は信用取引規制強化で売り優勢となったが。

東邦金属<5781> 141 +17
非鉄市況の上昇継続など手掛かりにも。

ケミプロ化成<4960> 189 +19
有機EL関連の材料株として関心が向かう。

セレス<3696> 1388 +300
仮想通貨を「貨幣」認定との報道受け関連銘柄に物色。

シリコンスタ<3907> 2859 -176
「FF」坂口氏との協業を受けて急伸した反動。

メディシノバ<4875> 680 +64
MN-166のALSを適応とする臨床治験について米学会で発表。

朝日ラバー<5162> 621 -91
中期経営計画の17年3月期目標を見直し。

テラプロ<6627> 849 +98
顔認証ソフトウェア・ライブラリがスイス社に採用。

PSS<7707> 453 +23
引き続き全自動核酸抽出システム発売を材料視。

ホロン<7748> 522 +80
米アプライドマテリアルズと販売代理店契約。

ウィズ<7835> 377 +80
特に材料は観測されないがプリキュア関連への期待根強い。

ワイヤレスG<9419> 1704 +175
3月1日付で東証1部に市場変更。

小僧寿し<9973> 134 +20
筆頭株主の異動による再建への期待が継続。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均