7203 トヨタ自動車 東証1 15:00
6,686円
前日比
-21 (-0.31%)
比較される銘柄: ホンダ日産自スズキ
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.0 1.23 1.18

銘柄ニュース

戻る
2016年02月18日14時57分

トヨタが3日ぶり反発、「RAV4」による北米死傷事故に絡み17日112万台のリコール発表で上値を削る場面も

 トヨタ自動車<7203>が3日ぶりに反発。ただ、朝方から買い先行も、利益確定売りに上値を削る展開となった。この日午後に、同社が日本で販売したスポーツタイプ多目的車(SUV)の「RAV4」と「ヴァンガード」の計約17万7000台をリコール(無料の回収・修理)、世界全体では計約287万3000台をリコールすると発表したと各新聞社サイトが報じており、利益確定売りを誘ったようだ。

 後部座席の設計に問題があり、金属フレームの形状が不適切なため、衝突事故が起きた場合にシートベルトが金属部分と接触して損傷、搭乗者の身体を座席に保持できない恐れがあると報じており、日本での対象は2005年10月から16年1月にかけて生産した車両で、海外ではRAV4と電気自動車(EV)「RAV4 EV」。北米では多目的スポーツ車(SUV)RAV4を対象としたリコール(無料の回収・修理)という。
(執筆者:熱田和雄 ストック・データバンク)

【関連記事・情報】

日経平均