7003 三井造船 東証1 15:00
189円
前日比
+1 (+0.53%)
比較される銘柄: 川重ホンダ名村造
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.9 0.70 2.65 0.95

銘柄ニュース

戻る
2016年02月26日15時08分

<動意株・26日>(大引け)=日ゼオン、三井造、セルシードなど

 日本ゼオン<4205>=大幅高。同社は25日の取引終了後、自己株取得枠の設定と自己株消却を発表した。自己株取得では、発行済み株式総数の2.20%(自己株式を除く)に相当する500万株、40億円を上限に2月26日から3月24日に取得する方針。また、自己株消却では500万株(自己株を含む発行済み株式総数の2.07%相当)を3月25日付で消却する。

 三井造船<7003>=続伸。25日の取引終了後、東京都江東区に所有する賃貸倉庫と自社寮の土地・建物の売却に伴い、17年3月期業績に固定資産売却益約168億円を特別利益として計上すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。なお、物件引渡日は9月30日。また、16年3月期業績への影響はないとしている。

 セルシード<7776>=一時ストップ高。きょう付の化学工業日報で、「細胞培養機器の供給契約をテルモと締結する方向で交渉を進める」と報じられており、業績寄与への期待感から買いが入っているようだ。記事によると、テルモが発売する再生医療等製品のヒト(自己)骨格筋由来細胞シート「ハートシート」のキットにセルシードの培養機器が組み込まれており、従来は研究用として販売していたが、商業用としての品質保証を図ったうえで安定供給を図るのが狙い。

 セブン工業<7896>=ストップ高。同社は25日の取引終了後、従来未定としていた16年3月期の期末一括配当について、2円の配当を実施すると発表しており、これを好感した買いが入っている。配当実施は08年3月期以来8期ぶりで、09年3月期に多額の損失を計上し無配となって以降進めてきた、経営基盤の強化や財務体質の改善が実を結んだ格好だ。

 アクロディア<3823>=ストップ高。同社は25日の取引終了後、スマートフォン向け恋愛シミュレーションゲーム「恋スル龍神サマ」の配信を決定し、3月1日から事前登録を開始すると発表しており、業績への寄与を期待した買いが入っている。「恋スル龍神サマ」は、コアなファンを持つビジュアル系ロックバンド「己龍」(きりゅう)が登場する、タイムスリップした幕末明治時代を舞台にした女性向けの時代劇恋愛ソーシャルゲーム。なお、正式リリースは4月を予定している。

 ラクーン<3031>=急反騰。同社は25日取引終了後、16年4月期第3四半期累計(15年5月~16年1月)の連結決算を発表。売上高は16億4100万円(前年同期比8.1%増)、営業利益は2億8000万円(同10.4%増)、最終利益は1億7700万円(同11.8%増)と好調だった。主力のECサイト「スーパーデリバリー」が海外を含め順調に拡大し収益に貢献しており、株価にポジティブに働いている。期末配当(一括)予想を従来の3円に1円50銭上乗せし4円50銭とすることも発表した。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均