6971 京セラ 東証1 15:00
5,617円
前日比
+62 (+1.12%)
比較される銘柄: 村田製TDKパナソニック
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
24.3 0.91 1.78 0.90

銘柄ニュース

戻る
2016年08月01日10時13分

エナリスが急反発、参加するコンソーシアムが経産省の事業に採択される

 エナリス<6079>が急反発している。同社は7月29日に、エナリスをはじめ6社がコンソーシアムを組成して実施する「IoTとビッグデータを活用した先駆的VPP実証事業」が、経済産業省の「バーチャルパワープラント構築実証事業/アグリゲーター事業」の間接補助事業者として採択されたと発表。これが材料視されているようだ。

 このコンソーシアムは同社のほか、京セラ<6971>、KDDI<9433>、日産自動車<7201>、フォーアールエナジー(横浜市)、エコー・パワー(東京都品川区)の6社で構成。各社連携のもと、需要家側の創エネ・蓄エネ・省エネの取り組みで生じるエネルギーリソースを統合的に制御し、1つの発電所のように機能させる「バーチャルパワープラント」の構築と技術開発、関連するビジネスモデルの確立を目指す。

 なお、東証は28日に同社を監理銘柄(審査中)に指定すると発表しており、前週末29日にはストップ安まで売られた。これに対し、同社は29日に、東証に内部管理体制確認書を提出したことを明らかにしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均