6952 カシオ計算機 東証1 15:00
1,570円
前日比
+60 (+3.97%)
比較される銘柄: シチズンリコーエプソン
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
22.4 2.07 2.55 4.80

銘柄ニュース

戻る
2016年01月21日14時12分

国内大手証券、民エレの年末商戦は概ね堅調に推移、セクタートップピックはソニー

 大和証券の民生用エレクトロニクスセクターのリポートでは、年末商戦は、国内、米国の白物家電・AV機器やゲームを中心に概ね堅調に推移したと推察。スマートフォン関連は北米大手メーカーの新端末の販売が芳しくないことから、1~3月期にかけて生産調整リスクが浮上しているとの見方で、ディスプレー関連も、テレビ向けなど大型では市況下落ピッチが加速、スマートフォンなどの中小型でも北米大手メーカーや中国ローカルメーカー向けの数量が伸び悩んでいると解説。

 個別では、ソニー<6758>のセクタートップピックを継続し、第3四半期での悪材料出尽くしを期待。富士通ゼネラル<6755>とカシオ計算機<6952>は、「株主還元に対する取組にも注目したい」との見解を示している。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均