6877 OBARA GROUP 東証1 15:00
5,350円
前日比
+30 (+0.56%)
比較される銘柄: ダイヘンホトニクス日新電
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.6 2.81 1.12 0.04

銘柄ニュース

戻る
2015年11月19日12時06分

OBARA-Gが小幅続落、有力処は溶接機器事業と平面研磨装置事業ともに減収を予想

 OBARA GROUP<6877>が小幅続落。買い優勢で始まり、上げ幅を拡大する場面があったものの、買い一巡後は弱い動き。現在はきょうの安値圏で推移している。
 東海東京調査センターでは、溶接機器事業と平面研磨装置事業ともに減収を予想。溶接機器事業は主要販売先である中国での自動車関連投資の抑制リスクが高まったとみて、平面研磨装置事業はシリコンウエハ関連投資の低迷が続いていることが同社業績にマイナスと解説。
 レーティング「ニュートラル」を継続、目標株価を8120円から4820円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均