株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 HIOKIの【株価予想】【業績予想】を見る

6866HIOKI

東証1
4,800円
前日比
+205
+4.46%
比較される銘柄
横河電
菊水電子
芝浦
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
21.4 2.70 1.88 0.27
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

<動意株・16日>(前引け)=HIOKI、鉄人化計画、セクラ

 HIOKI<6866>=大幅で3日続伸。同社は15日取引終了後に、18年12月期第3四半期累計(1~9月)の連結決算を発表。営業利益は25億8400万円(前年同期比33.0%増)となり、通期計画30億7000万円に対する進捗率は84.2%に達した。売上高は172億2500万円(同11.1%増)で着地。自動車の電動化やスマートフォンの高機能化による設備投資増を追い風に、計測器の需要が伸長した。なお、通期業績予想は従来計画を据え置いている。

 鉄人化計画<2404>=一時ストップ高。同社が15日取引終了後に発表した19年8月期の連結業績予想は、売上高は70億3600万円(前期比4.3%減)と減収だったものの、営業利益は2億円(同69.6%増)と急拡大、最終損益は1億3600万円の黒字(前期1億9300万円の赤字)を見込んでいる。不採算カラオケ店の閉店などのよる利益率改善効果が発現する見通し。株価は12年3月以来6年半ぶりの安値圏にあり、業績回復への期待からリバウンド狙いの買いを呼び込んだ。

 セラク<6199>=急反騰。同社はクラウド分野に注力、IT系人材を社内で育成し派遣するビジネスを展開するほか、サイバーセキュリティーに絡む案件も大手企業を中心に高水準で、企業のIT関連投資需要を取り込むことに成功している。15日取引終了後に発表した19年8月期の連結業績予想では、売上高が110億円(前期比22.0%増)、営業利益は7億2000万円(同32.4%増)、最終利益は4億4000万円(同41.5%増)と大幅な伸びを見込んでおり、これがポジティブサプライズとなった。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均