6836 ぷらっとホーム 東証2 14:59
1,988円
前日比
+35 (+1.79%)
比較される銘柄: ネクスGテクノセブンミナトHD
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
2.39

銘柄ニュース

戻る
2016年02月05日07時29分

前日に動いた銘柄 part2:シャープ、アンビションなど


銘柄名<コード>⇒2月4日終値⇒前日比

生化学<4548> 1470 -190
引き続き科研製薬のSI-657開発中止を悪材料視。

東京応化<4186> 3205 -335
10-12月期業績は市場予想をやや下回る。

日立製作所<6501> 512.6 -43.4
3日に決算発表、通期予想の下方修正を嫌気。

日本空港ビル<9706> 4270 -300
10-12月期決算は市場予想をやや下回るとの見方に。

日合成<4201> 710 -81
3日に好決算発表も先に観測報道が伝わっており。

日新電機<6641> 1015 -72
決算発表後の株価上昇にも一巡感で。

パナソニック<6752> 967.2 -92.3
売上高の下方修正の大きさなどはサプライズとも。

トヨタ紡織<3116> 2048 -215
特損計上に伴って通期純利益は未定と前日に発表。

タダノ<6395> 1029 -89
野村證券では投資判断を「ニュートラル」に格下げ。

田淵電機<6624> 502 -44
業績下方修正後は処分売りの動きが優勢で。

カカクコム<2371> 2187 -171
好決算発表もサプライズ乏しく出尽し感優勢に。

コカウエスト<2579> 2597 -162
順調な決算発表もサプライズは乏しく出尽し感に。

ガリバー<7599> 1157 -78
1300円レベルはボックス上限との意識も強まる。

三菱UFJ<8306> 557.8 +6.0
三菱UFJ信託が米ファンド管理会社買収と。

東芝<6502> 198.5 +5.6
通期純損益は6000億円超の赤字見通しとも。

三井造船<7003> 140 -7
通期営業利益は180億円から120億円に下方修正。

シャープ<6753> 160 +23
鴻海傘下で再建方針決定と報じられる。

富士通<6702> 425.7 -2.7
三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断格下げ。

トヨタ<7203> 6752 -148
為替市場での円高進行は自動車株にマイナスに。

花王<4452> 6154 -124
前期実績、今期見通しともにサプライズは乏しく。

武田薬品<4502> 5698 -117
通期予想上方修正もコンセンサスには届かず。

日本航空<9201> 4175 -101
原油市況の上昇は売り材料に。

ぷらっとホーム<6836> 1636 +300
APNのIoTデバイス提供企業として登録される。

日パワーファス<5950> 145 +10
3日から急動意、値動きの軽さに追随買い。

システムテク<2345> 1076 +150
3日からブイキューブの急騰に連れ高。

サイバーコム<3852> 1255 +155
2日の決算発表後は利食い優勢だが、4日は後場に盛り返す。

アルチザネット<6778> 707 -80
戻りの鈍さを嫌気して処分売りが優勢。

高橋ウォール<1994> 755 +100
15年12月期業績の上方修正と増配を好感。

フュトレック<2468> 743 +100
ウェアラブル翻訳デバイス開発のログバーと提携。

ジェイテック<2479> 328 +80
引き続き注文支援システムの特許取得を材料視。

ADWAYS<2489> 676 +58
発行済株式の12.0%を上限に自己株式取得。

ファンドクリG<3266> 207 +16
金利低下の恩恵大きいとの見方も。

アンビション<3300> 2410 +400
民泊事業参入に伴いアドベンチャー<6030>との提携検討。

リアルワールド<3691> 2850 -600
信用規制解除。25日線割れから下げ幅広げる。

ラック<3857> 1210 -157
15年4-12月期は2ケタ減益で着地。

アンジェス<4563> 364 -87
3日まで上昇の目立ったバイオ株は利益確定売り優勢。

アドアーズ<4712> 91 +21
外国人観光客向け新サービスの提供開始。

《SY》

 提供:フィスコ

日経平均