6810 日立マクセル 東証1 15:00
1,996円
前日比
-18 (-0.89%)
比較される銘柄: パナソニックソニーシャープ
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
27.0 0.97 1.80 0.29

銘柄ニュース

戻る
2016年08月31日14時30分

国内大手証券、第1四半期決算後の電子部品セクターのトップピックは日本電産、アルプス電、ローム

 三菱UFJモルガン・スタンレー証券が30日、電子部品セクターのリポートを発表しており、第1四半期決算後のトップピックとして、日本電産<6594>、アルプス電気<6770>、ローム<6963>の3社を挙げている。

 日本電産は堅調な第1四半期決算に続いて、8月2日には米エマソン社のモーター・ドライブおよび発電機事業の買収を発表。ACIM(家電・商業・産業モーター)の成長ポテンシャル拡大と同時に、次なるM&A案件への期待も膨らむと考えるとしている。また、アルプス電気はスマホ新機種向けOIS需要拡大により、17年3月期下期偏重が許容される数少ない銘柄の1つとしており、触覚デバイスの見通しや車載モジュールの収益改善など新材料の登場が待たれる状況という。さらに、ロームは第1四半期の好決算が短期業績の見方を好転させ、車載を中心とした成長戦略の推進が今後の株価ドライバーとなるとしている。

 このほか、車載関連では日立マクセル<6810>、日本CMK<6958>にも注目と指摘。さらに、短期的には好調な中国スマホの恩恵を受ける太陽誘電<6976>、ヒロセ電機<6806>、村田製作所<6981>が相対的に浮上することも念頭に入れたいとしている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均