6789 ロランドDG 東証1 13:54
3,095円
前日比
+125 (+4.21%)
比較される銘柄: リコーエプソンMUTOH
業績: -
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.4 1.98 1.94 0.94

銘柄ニュース

戻る
2016年08月10日09時24分

ローランドDGが反落、前提為替レートの見直しで16年12月期業績予想を下方修正

 ローランド ディー.ジー.<6789>が反落。9日の取引終了後、16年12月期の連結業績予想について、売上高を487億円から435億円(前年同期参考値比7.5%減)へ、営業利益を46億円から34億円(同36.7%減)へ、純利益を30億円から20億円(同40.4%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 円高の進行を踏まえ、前提為替レートを1ドル=115円から106円へ、1ユーロ=125円から118円へ見直したことが要因という。また、プリンターを中心に引き続き厳しい状況が続くとみられることや、売り上げの減少に伴う原価率の上昇も考慮したとしている。

 同時に発表した第2四半期累計(1~6月)決算は、売上高227億7000万円、営業利益26億6800万円、純利益15億6200万円だった。前期に決算期変更を行ったため前年同期との比較はないが、主にサイン市場向けのプリンターが低調だった影響で売上高は従来予想の238億円を下回った。ただ、原価率が改善したことや、人件費や広告販促費を中心に販管費が想定を下回ったことから、営業利益は計画の19億円を上回って着地した。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均