6752 パナソニック 東証1 13:26
1,347.0円
前日比
-21.5 (-1.57%)
比較される銘柄: ソニーシャープ日立
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.6 1.79 6.60

銘柄ニュース

戻る
2017年01月17日12時01分

<話題の焦点>=有機EL新局面で需要増へ、日本メーカーの逆襲なるか

 2017年は有機ELディスプレーが新局面を迎えることになりそうだ。米アップルが今年発売を予定するスマートフォン(スマホ)次期モデルに有機ELディスプレーを採用する可能性が高まっているのに加え、日本国内の大手電機メーカーが年明け以降、相次いで高付加価値の大型有機ELディスプレーテレビの発売を表明している。

 ソニー<6758>は、同社初となる4K有機ELテレビ「ブラビア A1Eシリーズ」を今月5~8日に米ラスベガスで開催された家電見本市「CES2017」で発表した。日本を含む世界で年内に発売する。ディスプレーを振動させ、画面から音を直接出力する独自技術「アコースティックサーフェス」を搭載。スピーカー部分をそぎ落とし、スタンドレスのデザインを実現した。サイズは77型、65型、55型の大型で展開する。

 ソニーは10年前の07年に、世界で初めて有機ELテレビに参入したものの、パネル量産によるコストダウンが困難を極め、11型で20万円という高額な価格設定にもかかわらず採算的に厳しく、10年に生産を終了し撤退した経緯がある。海外メーカーからパネルを調達し再参入を図る。

 パナソニック<6752>が「CES2017」で発表したのが、平面型有機ELパネルを採用し「HDR(ハイダイナミックレンジ)」と呼ばれる高画質技術により、従来の約2倍の明るさを実現した有機ELテレビ「TX-65EZ1000」で、国内発売も視野に入れている。同社は、15年から欧州で65型の4K有機ELテレビ「CZ950シリーズ」を展開していた。

 東芝<6502>の100%子会社東芝映像ソリューションは11日、同社としては初めての有機ELパネルと自社開発の専用映像処理エンジンを採用し、高いピーク輝度と濃密な黒の高いコントラストを実現した4K有機ELテレビ「X910シリーズ」2機種(65型、55型)を3月上旬から発売すると発表した。

 現状、 有機ELディスプレーパネルはスマホ用、テレビ用を問わずサムスン電子、LG電子など韓国メーカーが圧倒的なシェアを占めている。そのなかで、台湾の鴻海精密工業傘下のシャープ<6753>が18年4~6月に試験ラインを稼働させることを目指しており、供給へ向けアップルとも協議している。また、ジャパンディスプレイ<6740>も18年3月期中に量産試作ラインを設置する予定だ。

 有機EL部材関連銘柄として三井松島産業<1518>に注目。同社は13日、液晶パネルや半導体関連の部材加工業「クリーンサアフェイス技術」(CST、神奈川県寒川町)を完全子会社化すると発表した。CSTは液晶パネルなどの製造に際して、ガラス基板の上に特殊な膜を作る微細加工技術を持つ。同社の技術は、液晶パネルだけでなく、普及が進む有機ELディスプレーにも必要とされるもので、同社は、スマートフォン普及などで市場は着実に拡大しており、業績も安定的に推移すると見込みと判断して子会社化を決めた。

 ダイニック<3551>は、有機ELに不可欠な高性能水分除去シートを手掛けていることから、有機EL関連として注目度が高まっている。水分ゲッターは水分除去能力が高い薄いシート状の製品。有機ELディスプレーの電極は水分による酸化腐食により著しく劣化することから、水分除去材が重要な部材となるが、水分除去能力や省スペース性からニーズが強まっている。保土谷化学工業<4112>は、有機EL材料として正孔輸送材のほか、韓国子会社を通じて発光体を手掛けている。アルバック<6728>は真空技術に強みを持つ薄型ディスプレー製造装置メーカー。同社は有機ELを含むフラットパネルディスプレー製造装置を展開している。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均