6750 エレコム 東証1 15:00
1,907円
前日比
-13 (-0.68%)
比較される銘柄: パナソニック村田製メルコ
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.3 3.24 2.10 10.77

銘柄ニュース

戻る
2016年07月26日11時27分

エレコムが反発、VR機器を本格展開と報じられる

 エレコム<6750>が反発。前日は、「ポケモンGO」関連の一環として利益確定売りを浴びたが、きょう付けの日本経済新聞で「ジェットコースターやダイビングの映像を疑似体験できる仮想現実(VR=バーチャル・リアリティー)機器事業を本格化する」と報じられており、これを好材料視した買いが入っている。

 記事によると、7月末からスマートフォンと組み合わせて頭に付けると立体的な画像が見られるVRグラスなど32商品を順次投入し、都市部や大型の家電量販店を通じて販売するという。

 また、「ポケモンGO」に関しても、屋外でのスマートフォンの利用が増えることから、業績への貢献度合いでは充電器への恩恵が大きいとの見方も強く、根強い物色人気があるようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均