6723 ルネサス 東証1 15:00
928円
前日比
+55 (+6.30%)
比較される銘柄: 東芝日立パナソニック
業績: -
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
31.4 4.07 0.66

銘柄ニュース

戻る
2015年12月01日11時13分

フーマイエレは3日間で77%高、低PBR・高ROEで韓国LGの巨額投資恩恵に期待

 フーマイスターエレクトロニクス<3165>が3連騰、前日は終始カイ気配のまま推移し大引けストップ高で比例配分されたが、きょうも目先筋の利益確定売りを吸収し一時247円高の1940円まで上値を伸ばした。3日間で株価は77.5%高の急騰パフォーマンスとなった。半導体商社で国内では日立製作所<6501>やルネサスエレクトロニクス<6723>などを主要取引先とするが、海外では韓国LGとの関係が密接。韓国LGが有機ELパネルで増産攻勢をかける方向にあり、数年間で1兆円を超える巨額投資計画が伝わるなか同社の商機拡大が強く意識されている。
 16年9月期業績は前期に大幅増益を果たした反動で会社側は保守的にみており、最終利益段階で前期比7割減の2億6000万円を予想するが、それでも一株利益105円から換算されるPERは17倍台と割高感には乏しい。一方、13%を超える高ROEに対し、一株純資産も非常に厚く、中期成長期待と合わせPBR0.6倍台は水準訂正余地の大きさを反映している。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均