6707 サンケン電気 東証1 15:00
585円
前日比
+7 (+1.21%)
比較される銘柄: 新電元オリジンTDK
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.4 1.48 1.10

銘柄ニュース

戻る
2016年06月20日11時22分

EV関連株が急動意、日産自の低価格EV“今夏発売”観測

 ダブル・スコープ<6619>が一時370円高の5520円と急伸、サンケン電気<6707>も8%を超える上昇をみせるなど電気自動車(EV)関連の一角が大きく買われている。

 「日産自動車は価格を現行モデルより3割程度抑えた『低価格EV』を中国市場に投入する」と20日付の日本経済新聞が報じた。早ければ今夏にも発売する方向と伝えられており、これが関連株の株価を強く刺激する格好となっている。WSCOPEはリチウムイオン電池の主要原料でのセパレータを手掛けているほか、サンケン電は自動車向けパワー半導体やセンサーに展開する。このほかではリチウムイオン電池向け正極材料を手掛ける田中化学研究所<4080>なども高い。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年06月20日 17時10分

【関連記事・情報】

日経平均