貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
日経平均株価の構成銘柄。同指数に連動するETFなどファンドの売買から影響を受ける側面がある
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
OKIの【株価予想】【業績予想】を見る

6703沖電気工業

東証1
999円
前日比
-82
-7.59%
比較される銘柄
NEC, 
富士通, 
日立
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.2 0.82 5.01 13.00
時価総額 871億円

銘柄ニュース

戻る

サイバーコム Research Memo(4):通信分野における高度な技術開発力を基盤とした高品質サービスが強み


■会社概要

3. サイバーコム<3852>の強みと主要顧客、事業リスクについて
(1) 同社の強み
同社の最大の強みは、創業来培ってきた通信技術に関する高度な技術開発力と、高品質なサービスを提供していることが挙げられる。特に顧客の現場レベルから出てきたニーズをくみ取り、求められる要件プラスアルファの成果物を提供することで顧客から高い評価を受けており、高いリピート受注や既存顧客からの口コミ受注につながっている。ここ数年は、車載システムの組込みソフトウェアやクラウド導入支援などSIサービス等の受注が拡大するなど、通信分野以外の領域拡大が進んでいる。

次に、業界大手の富士ソフトグループに属することで、独立系ソフト会社に比べて不況期においても経営の安定性があることも強みと言える。富士ソフトグループでは独立性を重んじているため、同グループへの売上構成比は2019年12月期で3.6%と小さいものの、グループ内で積み重ねた通信技術を活かしたソフトウェア開発事業を分担・連携することで、グループ内のシナジーを享受している。

また、外注先として協力企業のネットワークを構築していることも業務量変動時における調節弁の役割を果たしており、収益性を維持しながら事業を拡大できているという点で強みとなっている。現状、IT業界は需要が旺盛な反面、慢性的な人材不足が続いており、同社においても人員を増やしてはいるものの、需要を賄いきれない状況が続いている。こうした不足分を外注の活用によって対応することで売上成長につなげている。このため、ここ数年は売上高に占める外注比率が上昇傾向にあり、現在はプロジェクト稼働人員の4割強が外注人員になっているとみられる。外注比率の上昇が利益率の低下につながる企業があるなかで、同社の営業利益率は5%台で安定して推移しており、付加価値の高い受注案件を増やしつつ、外注を上手くコントロールしていることがうかがえる。外注先との関係では、新入社員を受け入れて自社の社員と同様の研修を行うなど、良好な関係を構築している。

(2) 主要顧客
2019年12月期における主要顧客の売上構成比を見ると、NECグループが27.5%と最大顧客となっている。主に通信用や車載向け制御用ソフトウェア開発を受注している。次いで、日立グループが13.7%、沖電気工業<6703>グループが6.2%、富士通グループが5.4%となり、上位4社で50%を超える水準となっている。なお、沖電気グループについては保険会社向け業務ソフトウェアの大型開発案件の寄与によるものとなっている。

(3) 事業リスク
主な事業リスクとして、以下の点が挙げられる。

先ず、同社の主力事業であるソフトウェア開発の通信分野では、NTTグループなど大手の通信事業者が最終顧客となっており、通信事業者の設備投資動向によって受注が左右される点にある。なかでも主力分野である携帯電話網基地局システムについては4Gから5Gへの移行の端境期にあり、ここ数年は受注も低迷していた。ただ、今後5Gの商用化とともに通信事業者、並びにローカル5Gのサービス事業者などで投資が活発化することが見込まれており、同社にとっても追い風になると予想される。

また、受託開発案件において不採算プロジェクトが発生するリスクが挙げられる。受託開発では要件定義の変更などで想定以上に工期が長引く、あるいは不具合が生じるなどで、不採算プロジェクトが発生するケースがある。同社はこうしたリスクを軽減するため、受注時の見積もり精度の向上やプロジェクト管理体制の強化に取り組んでおり、ここ数年は大きな不採算案件は発生していない。

そのほか、旺盛な受注に対応するためのエンジニアの採用が予定どおり進まない場合に、採用コストや教育研修コストが増加するリスクがある。同社では人材不足を解消するため、2019年の新卒採用では80名(2018年は63名)のうち半分を未経験者の採用で賄った。新人研修は通常2ヶ月間実施して現場に配属されるが、未経験者の場合は3ヶ月の研修期間を要する。2020年の新卒入社は116名(大学卒と専門学校卒の比率はほぼ半々)となっており、初めて高卒生の採用(4名)も実施した。また、中途採用者については年間40名ペースで採用している。ソフトウェア受託開発業界では、IT業界の中でも採用に苦戦する企業が多いが、同社は前述したように横浜だけでなく、仙台、新潟、福岡、愛知などにも事業拠点を有しており、現地採用できることもあって採用については同業他社に比べて比較的順調に進んでいるものと思われる。また、離職率についても入社3年後で1ケタ台と業界平均よりも低くなっている。定期的なフォローアップ研修など教育面での取り組みに力を入れていることが一因と見られる。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)

《ST》

 提供:フィスコ

日経平均