6702 富士通 東証1 15:00
717.4円
前日比
+1.9 (+0.27%)
比較される銘柄: NEC日立パナソニック
業績: -
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.5 2.04 1.12 0.79

銘柄ニュース

戻る
2015年10月01日14時27分

国内有力証券、10月は株価の支援材料が多いとの見方、注目はマイナンバー関連銘柄

 東海東京調査センターでは、10月はマイナンバー(社会保障と税の共通番号)の通知開始や国慶節によるインバウンド需要、臨時国会での補正予算編成期待、国産民間ジェット旅客機MRJの試験初飛行など、「株価の支援材料が多い」と指摘。業績好調ながら相場全体に連れ安した銘柄も多いため、10月下旬より本格化する7~9月決算発表を前に、「バリュエーション面を吟味した割安株の選別買いに徹したい」と解説。
 個別ではマイナンバー関連銘柄に注目して、主な関連銘柄としてNTTデータ<9613>、日立製作所<6501>、NEC<6701>、富士通<6702>、日本ユニシス<8056>、野村総合研究所<4307>、SCSK<9719>を紹介している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均