6656 インスペック 東証2 12:48
1,206円
前日比
-56 (-4.44%)
比較される銘柄: シンフォニアレーザーテクミナトHD
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
69.0 3.55
決算New!  2017/12/08 発表

銘柄ニュース

戻る
2016年06月14日13時23分

インスペックが業績拡大期待で連続S高、高性能AOI需要にターゲット

 インスペック<6656>が連日のストップ高、売り物薄のなか値幅制限上限でカイ気配に張り付いている。きょうは主力株よりもマザーズ市場を中心とした小型株の下げが際立っており、強い向かい風環境のなかで同社株の上げ足は異彩を放つ。

 同社は精密プリント基板などの最終外観検査装置を手掛け、前16年4月期は営業損益段階で1900万円の赤字となったが、今期は1億7000万円の黒字化を予想している。強気の中期計画も市場の注目を集めた。IoT(モノのインターネット化)の普及を背景に高性能のパターン検査装置(AOI)の需要が高まっており、同社はこのニーズを取り込む方向に経営の舵を切る方針。数値目標としては19年4月期に営業利益段階で7億5000万円を掲げており、これが投機資金を呼び込む格好となっている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均