6630 ヤーマン 東証1 15:00
13,460円
前日比
-400 (-2.89%)
比較される銘柄: ノーリツ鋼機JVCケンウ船井電
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
33.0 7.97 0.27 14.05

銘柄ニュース

戻る
2016年11月15日11時42分

<動意株・15日>(前引け)=ヤーマン、マルマン、タツモ

 ヤーマン<6630>=大幅続伸。同社は14日の取引終了後、17年4月期の連結業績予想について、売上高を184億4800万円から192億5300万円(前期比18.0%増)へ、営業利益を18億9200万円から28億3600万円(同2.8倍)へ、純利益を12億1500万円から18億1800万円(同3.1倍)へ上方修正したことが好感されている。美顔器ブランド「RFボーテ」シリーズが各販路で好調なことに加え、上期に中国向け売り上げが想定より前倒しで計上されたことなどが寄与した。また、原価低減の取り組みや、為替の円高傾向なども寄与するとしている。

 マルマン<7834>=急伸。同社は14日の取引終了後、16年9月期決算短信において、「継続企業の前提に関する注記」の記載を解消したことが好感されている。16年9月期連結決算が、売上高65億600万円(前の期比1.8%増)、営業利益1億9700万円(同38.3%増)、純利益7400万円(同74.2%増)となり、2期連続で黒字を計上し、17年9月期業績も売上高64億5000万円(前期比0.9%減)、営業利益2億円(同1.4%増)、純利益1億円(同33.7%増)と黒字幅拡大を見込んでいることが要因としている。

 タツモ<6266>=続急伸。同社は14日の取引終了後、12月31日を基準日として1対3株の株式分割を実施すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。同時に、第3四半期累計(1~9月)連結決算を発表し、売上高73億6600万円(前年同期比20.6%減)、営業利益10億5400万円(同38.4%増)、純利益10億2200万円(同55.5%増)と大幅増益となったことも好感されているようだ。コーター部門で大型装置の検収がなかったため減収に終わったが、スマートフォンの普及を背景に電子部品の需要が堅調だったことから、半導体装置が大幅増となったほか、半導体業界向け搬送装置も伸長し増益に貢献した。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:株経ONLINE(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均