貸借
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)と売建(信用売り)の両方ができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
WSCOPEの【株価予想】【業績予想】を見る

6619ダブル・スコープ

東証1
632円
前日比
-18
-2.77%
比較される銘柄
旭化成, 
東レ, 
高度紙
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
1.49 0.40 1.41

銘柄ニュース

戻る

WSCOPEが急反騰、大手電池メーカーと長期製品供給で合意

 ダブル・スコープ<6619>が急反騰。9日の取引終了後、韓国子会社を通じて大手電池メーカーと20年から5年間のセパレーター供給量について合意したと発表しており、長期製品供給による中期的な成長への貢献を期待した買いが入っているようだ。

 今回の合意ではIT機器、電動工具、コードレス家電など民生用途や、ESS用途(電力貯蔵装置)の供給量に欧州などのEV用途を合わせて、5年間で約20億平方メートルのセパレーターを供給するという。なお、同件の影響については今年8月に公表予定の中期経営計画で発表する予定してとしている。

 同時に発表した第1四半期(1~3月)連結決算は、売上高26億100万円(前年同期比21.8%増)、営業損益13億1600万円の赤字(前年同期1億7200万円の赤字)、最終損益12億200万円(同1億7500万円の赤字)だった。また、19年12月期通期業績予想は、売上高175億円(前期比2.0倍)、営業利益8億円(前期33億4800万円の赤字)、最終利益3億円(同28億6100万円の赤字)の従来見通しを据え置いている。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

日経平均