6619 ダブル・スコープ 東証1 15:00
1,825円
前日比
+105 (+6.10%)
比較される銘柄: 旭化成東レ高度紙
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
33.2 2.97 0.14 1.45

銘柄ニュース

戻る
2016年06月22日07時41分

前日に動いた銘柄 part1:アステラス、第一三共、gumiなど


銘柄名<コード>⇒6月21日終値⇒前日比


アルテック<9972> 138 +8
Prodways社製3Dプリンタの国内取り扱いを開始と。

PCデポ<7618> 1337 -64
目先の上値到達感から見切り売り優勢。

ユニプレス<5949> 1833 -67
特に目立った材料観測されず上値の重さ意識か。

ダブルスコープ<6619> 5330 -190
反発力鈍く見切り売り圧力も。

阪和興業<8078> 546 -16
自社株買い終了なども響く格好か。

GMOペイメント<3769> 5570 -160
フィンテック関連の一角がさえない。

ワイエイシイ<6298> 1014 +60
引き続き有機EL関連として関心続く展開に。

平和不動産<8803> 1322 +120
野村證券では新規に買い推奨。

ブイキューブ<3681> 1109 +82
インド事業への展開期待でリバウンドへ。

第一三共<4568> 2576 +189
2年連続での自社株買い実施を発表。

gumi<3903> 1003 +96
「シノビナイトメア」の登録者数好調などで。

日機装<6376> 696 +34
突っ込み警戒感からのリバウンドへ。

タカラレーベン<8897> 779 +51
金沢に分譲マンションなどとも伝わる。

JACリクルート<2124> 1739 +39
非正規社員賃上げとの報道も刺激か。

森永製菓<2201> 639 +33
高値からの調整にも一巡感で買い戻しか。

ペプチドリーム<4587> 6150 +220
バイオ関連での選別物色の動きなど期待も。

村田製作所<6981> 12465 +610
目立った材料なく買い戻しなど優勢か。

東亜道路<1882> 270 +12
短期筋の見切り売りなどにも一巡感か。

アステラス<4503> 1605 +59
医薬品セクターには株主還元期待など波及も。

日本製鋼所<5631> 464 -26
モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格下げ。

日本ペイント<4612> 2619 -93
株価水準の割高感など依然として重しか。

ネクシィーズ<4346> 1599 -67
ブランジスタの株価下落が響く。

THK<6481> 1858 -75
ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格下げ。

さくらインタ<3778> 940 -26
信用高値期日の接近なども警戒視。

アイダエンジ<6118> 902 -34
ゴールドマン・サックス証券では目標株価を引き下げ。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均