6619 ダブル・スコープ 東証1 15:00
1,699円
前日比
-18 (-1.05%)
比較される銘柄: 旭化成東レ高度紙
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
30.9 2.77 0.15 1.77

銘柄ニュース

戻る
2016年06月15日07時44分

前日に動いた銘柄 part1:川崎汽船、神戸物産、しまむらなど(訂正)


下記のとおり修正します。
(誤)カリヨン証券
(正)CLSA証券


銘柄名<コード>⇒6月14日終値⇒前日比


gumi<3903> 955 -109
新興市場の下落を映して伸び悩みへ。

エスエムエス<2175> 2078 -220
中小型の成長株で売り物が集まる銘柄多く。

ラクーン<3031> 513 -52
13日には説明会などが開催されているもようだが。

新日本科学<2395> 635 -60
バイオ関連株下落の流れに押される。

カネミツ<7208> 957 -143
エアバッグ代替需要期待で急伸した反動も。

アートスパーク<3663> 1713 -225
マザーズ指数が10%超の下落となり。

IOデータ<6916> 647 +40
業績・配当予想の上方修正を発表。

くらコーポ<2695> 6040 +210
前日にはいちよし証券がフェアバリューを引き上げ。

しまむら<8227> 14160 +280
第1四半期業績観測報道を受け安心感が先行へ。

川崎汽船<9107> 231 +3
エフィッシモの買い増しなどを手掛かりに。

日清オイリオ<2602> 481 +13
割安ディフェンシブ銘柄として逃避資金向かう。

ネクシィーズ<4346> 2198 -477
ブランジスタの株価下落に連れ安へ。

神戸物産<3038> 2017 -253
通期経常利益予想は下方修正へ。

テクノスジャパン<3666> 2267 -222
マザーズ指数の急落などがネガティブ視される格好か。

ディップ<2379> 2685 -330
CLSA証券では投資判断を格下げ観測。

日本エンター<4829> 329 -35
直近急伸の反動もあって利食い売りが集まる。

サイバネット<4312> 709 -119
新興市場の下落でテーマ関連株は総じてさえない。

日東製網<3524> 150 -12
好決算受け13日に急騰の反動。

ベリサーブ<3724> 3415 -440
新興市場の株安に連れ安する展開へ。

ブレインパッド<3655> 1124 -110
上値の重さも意識される中で中小型株売りの流れに押される。

クックパッド<2193> 1335 -114
年初来安値更新で手仕舞い売りも優勢に。

神栄<3004> 113 -9
先週末の長い上ひげなども意識で。

ダブルスコープ<6619> 5670 -590
業績成長期待中小型株には売りが波及。

マネーパートナーズ<8732> 541 -58
節目の600円割り込んで下値不安も強まる。

リニカル<2183> 1832 -217
バイオ関連株下落の流れに押される形へ。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均