6581 日立工機 東証1 15:00
1,065円
前日比
+1 (+0.09%)
比較される銘柄: マキタDMG森精機マックス
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.1 1.06 0.23

銘柄ニュース

戻る
2016年02月26日09時28分

日立工機が急反落、中国やタイの景気減速響き16年3月期業績予想を下方修正

 日立工機<6581>が急反落している。25日の取引終了後、16年3月期の連結業績見通しについて、売上高を従来予想の1445億円から1410億円(前期比3.8%増)へ、営業利益を70億円から20億円(同68.7%減)へ、純利益を49億円から5億円(同85.8%減)へ下方修正したことが嫌気されている。

 消費増税の影響による低迷から需要が戻り切っていないことや、減速が続くロシアでも底打ちの兆しが見えないこと、さらに下期に入って中国や豪州、タイなどの景気が急速に減速したことや中東の地域情勢が悪化したことなどが要因という。また、M&Aに関する費用約8億円を計上したことや、受注量が減少し収益力が低下しているアイルランド工場の閉鎖を決定したことなども利益を圧迫した。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均