株価20分ディレイ → リアルタイムに変更 日立の【株価予想】【業績予想】を見る

6501 日立製作所

東証1
3,254.0円
前日比
+32.0
+0.99%
比較される銘柄
東芝
三菱電
パナソニック
業績
今期予想
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
7.9 0.91 3.76

銘柄ニュース

戻る

完全自動運転の実現に向けて、 関連銘柄をご紹介!! SMBC日興証券(花田浩菜)


こんにちは、フィスコリサーチレポーター花田浩菜の「SMBC日興証券の気になるレポート」です。

1月初旬に米ラスベガスで開催された世界最大の家電見本市「CES2017」で自動運転関連の話題が多く出ていましたね。世界各国や日本企業が自動運転化に向けて動き出しています。

この自動運転化への動きについて、SMBC日興証券の1/24付の「Daily Outlook」では、『日本の自動車関連企業は高い技術レベルを保持しており、ADAS(先進運転支援システム)などの開発が急ピッチで進められている。(中略)しかし、自動運転には従来の技術の他に、膨大な走行データを読み取ることで運転技術の精度・安全性を向上させるAI(人工知能)や道路状況の把握や自動車同士の相互通信による事故防止などに使われるIoT(モノのインターネット)、人間の視覚を代替するためのセンサーや3Dマップといった技術も必要になる。そのため、米アルファベット(旧グーグル)社に代表される欧米のIT企業なども開発に力を入れており、競争は激化している』と伝えています。
続けて、『安倍総理は2020年の東京オリンピックまでに自動運転技術の実用化と普及を実現させる方針を掲げており(中略)トヨタやホンダなど自動車メーカーもAI開発に研究開発費を投入しており、自動運転技術の早期実用化に向けて開発の加速が期待される』とのことです。

これを受けて同レポートでは、トヨタ自<7203>をはじめとして、DeNA<2432>や日立<6501>、ゼンリン<9474>などの自動運転に関連する銘柄を全11社紹介していますので、詳しくは1/24付の「Daily Outlook」ご覧になってみてください。

また、面白いレポートを発見したらご紹介します。

花田浩菜の「気になるレポート」は各種レポートを花田浩菜の見解で注目し、コメントしています。レポート発行人との見解とは異なる場合があります。詳細は発行人のレポートを御確認くださいませ。

フィスコリサーチレポーター花田浩菜

《SK》

 提供:フィスコ

日経平均