6501 日立製作所 東証1 15:00
621.5円
前日比
+2.7 (+0.44%)
比較される銘柄: 東芝三菱電パナソニック
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.0 1.14 2.28

銘柄ニュース

戻る
2015年11月30日12時42分

フーマイエレがストップ高カイ気配、韓国LG関連の穴株として物色資金集中

 フーマイスターエレクトロニクス<3165>が1693円のストップ高カイ気配に買われている。前週末は前場中盤に大口の買いが入り突発的に水準を切り上げ、大引けストップ高をつけた。きょうは寄り付きから買い注文が集中し2日間合計で値上がり率は約55%に達した。
 同社は日立製作所<6501>やルネサスエレクトロニクス<6723>を有力な取引先とする電子デバイス商社で、15年9月期の連結営業利益は前の期比68%増の8億3400万円と高変化を示した。16年9月期はその反動から減益を見込むものの、車載向け半導体など高水準の需要を背景に会社側の見通しは保守的との見方も出ている。特に、同社は韓国LGが主要納入先のひとつであり、韓国LGが有機ELパネルを大増産するための巨額投資に動くことが伝わるなか、その恩恵を享受するとの見方が急速に広がっているようだ。「新興市場に個人投資家資金の回帰が観測されるほか、小型株ファンドなどの海外投資家資金も新興市場の出遅れ株に目をつけている」(国内準大手証券)といい、そのなか発行株数252万株強と小型で品薄感の強い同社株は値動きの軽さが際立つ。また、「単なる需給相場の素地だけではなくPBRの割安さやROEの高さなどからも水準訂正高が肯定化されやすい」(同)と指摘されていた。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均