6489 前澤工業 東証1 15:00
375円
前日比
-2 (-0.53%)
比較される銘柄: 荏原実業水道機日立造
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
9.8 0.47 2.13 2.64

銘柄ニュース

戻る
2016年07月05日16時44分

本日の注目個別銘柄:ソフトブレーン、キユーピー、トリドールなど


<7717> Vテク 12920 +1400
大幅続伸で高値更新。本日の一部報道では、高精細のパネルを安く作る装置を開発したと伝わっている。「多結晶シリコン」のパネルを従来に比べて9分の1の投資で生産できるようだ。有機ELパネルでも使え、大型投資を計画する中国や韓国メーカーへの納入も目指す方針とされている。有機EL分野での展開力に対する期待感が、あらためて高まる形にもなっている。

<5741> UACJ 257 +16
大幅反発。メリルリンチ日本証券では投資判断を「中立」から「買い」に格上げ、目標株価も240円から340円に引き上げへ。懸念していた国内アルミニウム圧延事業の不振からの脱却が投資判断格上げの背景。意匠性の高いアルミボトル缶の清涼飲料メーカーでの採用拡大によるアルミ缶市場拡大、神戸製鋼所の能力に余力が無くなったことなどを要因に、これ以上のシェア低下は進まないとの見方に。

<6740> JDI 182 +18
大幅続伸。旧村上ファンド出身者が設立したエフィッシモが5.44%の株式を取得していることが明らかになったと伝わっている。今後の株式買い増し期待のほか、企業価値向上策に対する期待感なども思惑視される展開のようだ。また、同様にエフィッシモが5%以上の株式を取得した日東紡なども本日は買い先行の動きになっている。

<9983> ファストリ 26540 -1165
売り優勢。前日に6月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比4.5%増、3ヶ月連続でのプラス成長となっている。ただ、前月の同5.9%増との比較では伸び率は鈍化する格好に。前年同月が同11.7%減と落ち込んでいたこともあり、市場の期待値はもっと高かったと見られる。客数が同3.6%減となり、想定以上に伸び悩む要因となった。

<4779> ソフトブレーン 608 +100
ストップ高。フュージョンパートナーが発行済み株式数の40%を取得、持分法適用会社化すると発表している。フュージョンとともに、関係強化に伴う業績拡大思惑などが強まる格好になっているようだ。とりわけ、同社に関しては貸借倍率が0.1倍台と需給妙味が強い状況にあるため、売り方の買戻しなどが急がれてもいるようだ。

<6489> 前澤工業 275 +22
急伸。前日に業績予想の上方修正を発表している。通期営業利益は6.2億円の従来予想から8.7億円に、純利益は1.1億円から4.4億円に増額している。5月の段階で大幅な下方修正を発表していたこともあり、上方修正にはサプライズも強まる形のようだ。JV物件の利益向上、原価低減や経費削減効果の表面化などが背景に。

<2809> キユーピー 3105 -175
大幅続落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は142億円で前年同期比8%増益、先の上方修正値水準での着地となった。通期予想も同時期に上方修正しており、今回は据え置きとなっている。北米の鶏卵相場の市況安によるマイナス影響が発生することもあり、短期的な好材料出尽し感にもつながる形のようだ。

<3397> トリドール 3120 +150
大幅続伸で連日の高値更新。本日、6月の月次動向を発表している。既存店売上高は前年同月比8.7%増、プラス基調が継続したほか、前月の同5.3%増から増収率が拡大している。丸亀製麺公式アプリのリニューアル、限定クーポンの無料配信など販促を強化したことで客数が増加したようだ。名古屋の店舗で食中毒事故が発生していたこともあって、やや警戒感などもあったとみられる。
《XH》

 提供:フィスコ

日経平均