6473 ジェイテクト 東証1 15:00
1,943円
前日比
+14 (+0.73%)
比較される銘柄: トヨタ不二越日精工
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.2 1.56 2.16 0.19

銘柄ニュース

戻る
2016年03月07日12時06分

ジェイテクト、欧州大手証券は株価材料出尽くしとの見方、今後の2ケタ営業減益基調にも警戒感

 ジェイテクト<6473>が反落。下げ幅を縮小しているものの、売り優勢の展開。

 クレディ・スイス証券では、第2四半期決算発表時における16年3月期業績計画の上方修正と増配、電動PS事業説明会、強めな今第3四半期決算など、描いてきた株価材料が出尽くしたと指摘。17年3月期の第2四半期決算まで前年比2ケタ営業減益基調が続くとみて、18年3月期に向けては工作機械事業の減益局面の到来、自動車販売の減速リスク、産業機械軸受の下振れなどが顕在化しそうと解説。17年3月期ガイダンスも弱めなものが予想されるとして、16年3月期営業利益予想を850億円から820億円に、17年3月期営業利益予想を920億円から750億円に引き下げ。

 レーティングを「アウトパフォーム」から「ニュートラル」に、目標株価を2500円から1700円に引き下げている。
《MK》

株探ニュース

日経平均