6371 椿本チエイン 東証1 15:00
968円
前日比
+6 (+0.62%)
比較される銘柄: 不二越大同工日精工
業績: 今期予想
機械
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
14.3 1.31 2.27 0.56

銘柄ニュース

戻る
2015年09月18日13時50分

欧州大手証券、機械セクター(自動車消耗品関連)の業績は各社堅調を持しているとの見解

 クレディ・スイス証券の機械セクター(自動車消耗品関連)のリポートでは、株価はグローバル自動車販売の減速懸念や景況感悪化などを背景に、完成車・自動車部品株に連動する格好で下落基調を強めたと指摘。それでも、軸受各社の業績は、「新規案件の獲得や各種コスト削減などが奏功、グローバル自動車販売台数以上の成長を確保している」との見方で、「各社業績は総じて堅調を維持している」と解説。
 当面は株価カタリストの多い銘柄を中心に推奨したいとして、銘柄選好順位をジェイテクト<6473>、日本精工<6471>、NTN<6472>、椿本チエイン<6371>の順に設定。16年3月期第3四半期まで2ケタ増益基調持続が見込まれるジェイテクトをトップピックに、第3四半期決算発表後には、日本精工の魅力が増すと予想している。
《MK》

株探ニュース


日経平均