6370 栗田工業 東証1 15:00
2,396円
前日比
-28 (-1.16%)
比較される銘柄: オルガノ荏原日立造
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
23.1 1.25 2.09 0.24

銘柄ニュース

戻る
2016年03月18日16時10分

ダイキアクシス Research Memo(6):ストック型ビジネスの上水事業とメンテナンス事業を強化


■中期経営計画

(1)上水事業:高収益のストック型ビジネス

環境機器関連事業に属し、新規事業に位置付けられている上水事業は、主に病院、大型商業施設、スポーツジム、福祉施設などに安全で安価な飲料水を安定的に提供するエスコサービスになる。供給する上水は、地下水を飲料化したもので、従来の上水料金よりも10~30%のコスト削減になる。利用方法は水道とまったく変わらず、使用量に応じて課金される。エスコの上水設備は、ダイキアクシス<4245>が所有する。顧客先の設備の稼働状況は、同社の本社から1日24時間、365日モニタリングする遠隔自動監視システムを導入している。

エスコサービスの契約期間は、10年の長期になる。既存の顧客との契約が長期間にわたり継続して安定的な収益を生み、新規契約が収益を加算するストック(積上げ)型のビジネスモデルになる。各現場とも、供給開始初年度から黒字化する。供給設備の減価償却は、契約期間に応じて決められ、償却方法は定額法を用いている。契約期間内の年間償却負担は一定だが、2年目より営業費用が不要になるため、営業利益率が大幅に改善する。上水事業を本格的に開始してまだ6年であるが、償却期間が終了した10年目以降も契約が継続されれば、収益性は飛躍的に上がることになる。

2015年12月期末のエスコサービスの累計契約は63件に達している。業態別ユーザーの内訳は、ライフライン確保を重視する病院が17件、次いで大型商業施設が12件、スポーツジムが9件、食品加工工場が9件、福祉施設が8件などとなる。全国でチェーン展開している大型商業施設やスポーツジムなどでの横展開を図る。地下水の飲料化は、工場排水の処理システムを手掛けている同社にとって技術的な困難さはないが、リスクを嫌う食品加工業への浸透が遅れていた。同分野でも新規開拓に成功したことから、同社エスコサービスの水質安全性に対する信用度が高まった。

2015年12月期の上水事業の売上高663百万円の内訳は、エスコが73.6%、買取が23.2%、メンテナンスが3.0%であった。売上高営業利益率は、2013年12月期に5%を超え、2015年12月には10%超になったもようだ。2016年12月期は、15件の新規受注を計画しており、設備投資は165百万円を予算化している。国内では、累計100件、業界トップを目指している。海外での事業化も検討する。エスコ事業は、荏原<6361>や栗田工業<6370>などの大手水処理機器メーカーが参入するには市場規模が小さい。一方、中小企業では資本力を含め企業体力に欠ける。現在のところ競争激化のおそれはない。

○人口減少による水道料金の値上げ
2014年5月に民間研究機関の日本創成会議から出された「増田レポート」は、全国の自治体に大きな衝撃を与えた。同レポートでは、2010年から30年間で20~39歳の女性の人口が5割以上減少することを指標に、少子化の進行に伴う人口減少により存続が困難になると予想される「消滅可能性自治体」の具体名を発表した。全国約1,800市町村のうち、約半数の896の市町村がリストアップされ、都道府県別では青森・岩手・秋田・山形・島根の5県は8割以上の市町村が該当する。

増田レポートを踏まえ、2015年2月に新日本有限責任監査法人と水の安全保障戦略機構事務局が、「人口減少時代の水道料金はどうなるのか?全国推計並びに報告書」を公表した。水道経営の持続性確保に危機感を持ち、事業体に早急に抜本的対策を講じることを促すためである。同報告書では、2040年時点において各事業体が、赤字経営とならないために必要な水道料金の値上げ率と時期を記載している。人口減少と1人当たり使用料の減少、補助金ゼロ、水道施設の更新投資需要の増加による減価償却費及び支払利息の増加を前提とする。推計結果は、水道料金の値上げが必要とされる事業体数は1,221に上り、分析対象全体の98%に及んだ。このうち、604事業体においては、30%以上の料金改定が必要と推計している。飲水人口20万人未満の給水人口の少ない自治体ほど、料金改定率が高くなる傾向にある。地域別では、北海道及び東北地方が多い。

自治体による水道料金の改定は、同社の上水事業の需要を拡大する。水道料金の値上げは、下水料金の引き上げを伴うため、使用した上水を再利用して排出量を抑制する中水事業のニーズも高める。PFIなどの形を取る行政の民間委託は、上水事業だけでなく排水処理のコミュニティプラントでも期待される。同社が上水・中水・下水のフルラインアップを持つ強みが発揮される、事業環境となることが予想される。

(2)店舗管理のワンストップ・サービスによるメンテナンス事業

もう1つのストック型ビジネスはメンテナンス事業になる。DCMホールディングスのグループ企業向けに、全国ネットで実績を積み上げてきたことが信用を高めている。同社が提供するワンストップ・サービスは、コスト安だけでなく、窓口一本化の利便性、全国均質の品質、安心のコーポレート・ガバナンスなどのメリットがある。全国でチェーン展開している小売企業にとって、魅力的だ。それらの企業は、地域ごとに複数の業者へばらばらに発注している場合、地域ごとの品質のばらつきや複数業者との取引が煩雑となる問題がある。また、最近は、外注先の不祥事に神経質にならざるを得ない。同社は、東証1部上場企業として反社会勢力との取引排除などを含むコーポレート・ガバナンス体制を取っており、顧客企業が安心して業務委託することができる。目下、大手流通チェーンとの取引関係の強化を図っている。国内で商業施設の管理サービスだけでなく、上水事業でも取引があるうえ、2015年10月に着工したインドネシアにおける出店の排水処理施設も請け負っている。追加出店でも受注獲得を目指す。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 瀬川 健)

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均