現物
証券取引所が指定する制度信用銘柄以外で、現物取引のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
千代建の【株価予想】【業績予想】を見る

6366千代田化工建設

東証2
292円
前日比
+6
+2.10%
比較される銘柄
日揮, 
東洋エンジ, 
大成建
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.6 0.67

銘柄ニュース

戻る

前日に動いた銘柄 part1 三和HD、A&T、MARUWAなど


銘柄名<コード>30日終値⇒前日比
三和HD<5929> 1223 +92
1Q営業益は前年同期比63倍の7.0億円、上限600万株・50億円の自社株買いも発表。

エーザイ<4523> 5906 +110
抗がん剤「レンビマ」好調で1Q営業益は前年同期比25.5%増、中間配当を10円増配。

東洋水産<2875> 4395 -230
1Q営業利益は10.2%減の58.2億円、国内水産事業や冷蔵事業が減益。

A&T<6722> 1015 +112
上期営業益は前年同期比2.8倍の4.2億円と計画上振れ、自社製品販売増加が寄与。

プリマハム<2281> 2051 -63
1Q営業利益は前年同期比10.3%減、国産豚肉や鶏肉の需要低迷など響く。

豊田合成<7282> 2010 -120
新車販売効果の反動減や人件費上昇で1Q営業益は前年同期比24.0%減。

松屋フーズ<9887> 3595 +145
既存店売上好調や新規出店効果で1Q営業益は前年同期比67.3%増。

ALSOK<2331> 5300 +220
1Q営業益は前年同期比21.0%増、セキュリティ事業など好調。

LIXIL G<5938> 1890 +44
関連会社処分益計上で1Q最終損益は前年同期比4.2倍の128.9億円。

アイネット<9600> 1470 +216
データセンター利用増や新規買収企業の連結効果で1Q営業益は前年同期比77.0%増。

MARUWA<5344> 6790 +790
上半期計画に対する高い進捗率を好感。

ZOZO<3092> 2063 +205
第1四半期大幅増益決算受けて過度な警戒感後退も。

フタバ産業<7241> 761 +70
通期業績予想の上方修正を発表。

M&Aキャピタルパートナーズ<6080> 7360 +840
第3四半期経常利益進捗率は90%超に。

日本瓦斯<8174> 3070 +218
第1四半期経常利益は上半期計画を大幅に超過へ。

JBCCホールディングス<9889> 1616 +77
第1四半期2ケタ増益で通期予想を上方修正。

enish<3667> 644 +35
上半期決算通過で目先のあく抜け感も強まる。

フォスター電機<6794> 1914 +98
第1四半期純損益は黒字に転換へ。

日本M&Aセンター<2127> 2952 +207
第1四半期は5割超の営業増益に。

世紀東急工業<1898> 670 +33
通期業績上方修正で増配も発表。

ソニー<6758> 6170 +311
減収下での第1四半期2ケタ増益決算にサプライズも。

日本ガイシ<5333> 1632 +89
第1四半期減益決算も市場想定比では底堅く推移。

システムソフト<7527> 129 +10
決算発表控えて期待感も先行か。

日鉄ソリューションズ<2327> 3690 +235
第1四半期大幅増益決算を好感。

日野自動車<7205> 877 +36
決算発表受けてインドネシア市場の回復期待高まる形に。

アンリツ<6754> 2022 +79
第1四半期大幅増益決算受け5G関連分野の拡大期待再燃。

コニカミノルタ<4902> 910 -117
第1四半期は実質ベースでも大幅減益に。

フューチャー<4722> 1953 -196
上半期大幅増益決算も出尽くし感が優勢に。

千代田化工建設<6366> 294 -57
31日の大引けで日経平均除外に伴うインデックス売り需要。

双信電機<6938> 469 -48
業績予想下方修正と減配を発表で。

エス・エム・エス<2175> 2435 -305
第1四半期増益率は想定以上に鈍化で。

電算システム<3630> 3225 -345
4-6月期の増益率鈍化をマイナス視。

《FA》

 提供:フィスコ

日経平均