信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
石井表記の【株価予想】【業績予想】を見る

6336石井表記

東証2
780円
S高
+100
+14.71%
比較される銘柄
サムコ, 
妙徳, 
トムソン
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
28.6 2.24 1.28 661
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

<動意株・11日>(前引け)=石井表記、ケミプロ化成、ブレインP

 石井表記<6336>=ストップ高。材料株人気のなか、際立つ足の速さが投資資金を誘導している。研磨や洗浄などプリント基板製造装置メーカーとして高い技術力を有し、インクジェットの量産実績と独自技術をベースにした開発力に定評がある。会社側では引き続き全固体電池分野の研究開発も進めていく構え。ここ見直し買いの動きが出ている中国関連の一角でもあり、昨年12月には中国液晶メーカー向けに大型インクジェット装置と関連部品の大口受注を獲得している。

 ケミプロ化成<4960>=大幅反発。上向きの25日移動平均線を足場に200円台後半のもみ合いを大きく上放れてきた。製紙用薬剤や電子材料などを手掛けるが、主力の紫外線吸収剤はドイツの化学品大手BASF向け中心に実績が高く回復色を強めている。同社が前週末8日取引終了後に発表した19年4~9月期決算は製紙用薬剤、電子材料いずれも好調で、営業利益が前年同期比31%増の2億1100万円と大幅な伸びをみせており、これが株価を強く刺激している。

 ブレインパッド<3655>=リバウンド。同社が前週末8日取引終了後に発表した19年7~9月期の決算は営業利益が前年同期比51%増の3億1300万円と大幅な伸びを示し、これを材料視する買いを呼び込んだ。人工知能(AI)を活用したビッグデータ分析などアナリティクス事業を主力に、ソリューション事業やマーケティングプットフォーム事業を展開する。これまでに積極的に採用してきた人材の戦力化が収益に反映される形となった。株価はここ下値模索の動きが続いていたが、値ごろ感もあってリバウンド狙いの買いが集中した。

 ※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:MINKABU PRESS

日経平均