6334 明治機械 東証2 09:28
396円
前日比
+1 (+0.25%)
比較される銘柄: キッツタクマオークマ
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
10.8 2.02 1.01 219

銘柄ニュース

戻る
2018年05月15日15時09分

<動意株・15日>(大引け)=トレンダーズ、オイシックス、ハイパーなど

 トレンダーズ<6069>=急騰。同社はマーケティング支援業務を行っており、ブログやインスタグラムなどSNSを活用する形でビジネスを展開、時流に乗って好調に業績を伸ばしている。14日取引終了後に発表した18年3月期の決算は、売上高が21億6500万円(前期比16.4%増)、営業利益は3億4600万円(同74.3%増)、最終利益は2億8100万円(同99.3%増)と急拡大を示しており、これがポジティブサプライズとなった。19年3月期業績予想を会社側は開示していないが、市場では大幅増収増益基調が続くとの見方が強く、物色人気に火がついた。

 オイシックスドット大地<3182>=急伸。同社は14日取引終了後発表した19年3月期連結業績予想で、売上高610億円(前期比52.5%増)、営業利益12億円(同34.6%増)、純利益9億円(同3.8倍)と営業利益、純利益ともに最高益更新を見込んでいることが好材料視されている。必要量の食材とレシピがセットになったミールキットの市場拡大を見込むほか、2月に子会社化したらでぃっしゅぼーやの業績が加わることで大幅な増収増益となる見通し。また、らでぃっしゅぼーやの吸収合併を計画しており、同社が有する税務上の繰越欠損金を継承することで法人税などの軽減を見込むことから、純利益が大幅に増加する。

 ハイパー<3054>=急反発。同社は午前11時15分ごろ、6月30日を基準日として1対2株の株式分割を実施すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。 会社側によると、株式の流動性の向上と投資家層および株主数の拡大を図ることを目的としているという。

 明治機械<6334>=ストップ高。同社が14日の取引終了後に発表した19年3月期の連結業績予想で、売上高99億2100万円(前期比38.7%増)、営業利益5億1100万円(同2.9倍)、純利益4億1800万円(同1.7%増)と大幅増益を見込んでいることが好感されている。産業機械関連事業で、主要顧客である飼料業界で業界再編に伴う設備改造や老朽化更新工事の需要増が期待できるほか、太陽光関連事業でSPC組成による、権利などの譲渡が進む見通しだ。

 加藤製作所<6390>=一時ストップ高。同社は14日の取引終了後に発表した19年3月期の連結業績予想で、売上高900億円(前期比3.5%増)、営業利益45億円(同2.1倍)、純利益28億円(同7.7%減)を見込み、年間配当は前期比15円増の95円を予定していることが好感されている。国内は、大都市圏での建設投資好調を受けて、クレーン・ショベルともに前年並みの需要を見込む。一方、海外では中国でのショベル需要の増加に加えて、アジア向けクレーンや北米向けクローラキャリアの需要の増加が見込まれ、これらが業績を牽引する見通しだ。

 タツモ<6266>=急反発。同社は14日取引終了後に、18年12月期第1四半期(1~3月)の連結決算を発表。営業利益は4億9300万円(前年同期比13.3%増)となり、上半期計画5億6400万円に対する進捗率は87.4%に達した。売上高は47億8400万円(同57.6%増)で着地。国内メーカーに洗浄装置を販売したことや、液晶製造装置の検収があったことなどを背景に、主力のプロセス機器事業が大きく伸びたことが寄与した。なお、上半期および通期の業績予想は従来計画を据え置いている。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。

出所:みんなの株式(minkabu PRESS)

お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均