6310 井関農機 東証1 15:00
230円
前日比
+2 (+0.88%)
比較される銘柄: クボタ丸山製タカキタ
業績: -
機械
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
74.2 0.81 0.65 2.58

銘柄ニュース

戻る
2015年10月06日07時32分

前日に動いた銘柄 part1:林兼産業、井関農機など


銘柄名<コード>⇒5日終値⇒前日比

ヤマタネ<9305> 192 +14
TPP大筋合意報道を受けて事業拡大への期待先行。

ディップ<2379> 2321 +146
足元の好業績を背景にリバウンドも本格化。

東洋精糖<2107> 118 +7
TPP関連の一角として関心向かう。

ヤクルト<2267> 6350 +360
ヤクルトスワローズのセリーグ優勝で。

三協立山<5932> 1777 -173
場中に決算発表、第1四半期は大幅減益に。

住友理工<5191> 989 -45
本日は自動車株の伸び悩みなど逆風にも。

近鉄エクス<9375> 2033 -63
先週末には岡三が投資判断を格下げ。

林兼産業<2286> 147 +18
TPP交渉大筋合意との報道で関連の材料株として物色。

エスケイジャパン<7608> 459 +26
調整一巡感から自律反発狙いの動きにも。

井関農機<6310> 190 +14
TPP関連の一角として短期資金が向かう。

フィードワン<2060> 153 +12
飼料業界にもTPP関連物色が向かう。

東洋埠頭<9351> 199 +11
TPP交渉進展によるメリット期待で。

日本農薬<4997> 897 +58
TPP交渉進展期待で農業関連の一角が値を飛ばす。

JUKI<6440> 1392 +80
全般リバーサルの動きが見られる中でファンドの買戻しなど主導か。

プリマハム<2281> 346 +20
TPP交渉進展に伴う輸入コストの低下を期待。

日本製鋼所<5631> 401 +22
日印原子力協定締結報道受けて原発関連として物色。

ミスミ<9962> 1395 +93
設備投資関連株にも買戻しの動きが優勢に。

ケイヒン<9312> 193 +13
物流会社もTPP交渉進展によるメリット期待。

ツガミ<6101> 486 +26
引き続き継続的な株主還元姿勢などを評価へ。

戸田工業<4100> 316 +19
リチウムイオン電池関連のテーマ性もあってリバウンドが波及も。

日本ペイント<4612> 2295 +117
株価大幅調整銘柄でリバウンドの流れに乗る。

SUMCO<3436> 1166 +60
地合い改善受けての買戻しか。

KNT?CT<9726> 279 +17
週末にはTVで特集番組が放映されたもよう。

日機装<6376> 834 +36
第1四半期決算以降は大幅安の展開になっていたが。

日立マクセル<6810> 1878 +94
特に材料観測されないが全般的な買戻しの動きに乗る。

オカモト<5122> 1255 +87
信用倍率0.3倍台など需給妙味で。

冶金工<5480> 163 +8
非鉄金属株の上昇など目立ち。

関東電化<4047> 842 +46
底打ちムードも強まっていた中でショートカバーも。

スクエニHD<9684> 3045 +142
みずほ証券では7-9月期の業績プレビューをリリース。

川重<7012> 435 +18
直近では社長ミーティングなどが開催されているもよう。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均