6273 SMC 東証1 15:00
30,030円
前日比
+50 (+0.17%)
比較される銘柄: 日精工三菱重コマツ
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
23.2 2.21 0.67 0.63

銘柄ニュース

戻る
2015年10月06日07時32分

前日に動いた銘柄 part2:ソフトバンクG、文教堂HDなど


銘柄名<コード>⇒5日終値⇒前日比

JFE<5411> 1667.0 +62.0
鉄鋼株には買い戻しの動きが優勢となる。

SMC<6273> 28015 +1450
全体株高の中で買戻しが優勢に。

ソフトバンクG<9984> 5864 +239
米スプリントの上昇なども支援に。

航空電子<6807> 2081 +82
直近ではメリルリンチ日本証券が買い推奨に格上げへ。

エクセル<7591> 1374 -152
先週末に業績予想の下方修正を発表している。

雪印メグミルク<2270> 2200 -145
TPP交渉進展による乳製品の競争激化懸念。

日本パーカ<4095> 955 -34
1000円レベルでの戻り売り圧力も意識。

五洋建設<1893> 543 -14
売られ過ぎ銘柄への物色シフトの影響も。

ユニーグループ<8270> 727 -18
先週末に上半期決算発表、通期予想は下方修正へ。

みずほFG<8411> 231.0 +1.6
米利上げ先送り観測に伴う長期金利の上昇期待低下も。

三井住友建設<1821> 155 +9
特に材料は観測されず、建設株循環物色の流れか。

東京電力<9501> 823 +11
全体株高によるリスク許容度の上昇で。

アイフル<8515> 468 +7
日銀の追加緩和策に対する期待感なども。

富士通<6702> 539.7 +21.7
マイナンバー関連には補正予算などへの期待感も。

三菱マテ<5711> 381 +14
セメント関連の側面なども材料視へ。

OLC<4661> 7129 +304
テーマパークの拡張検討などとも伝わる。

ホンダ<7267> 3639 -2
三菱UFJでは目標株価を3970円から3860円に下げ。

三井物産<8031> 1395.0 +37.5
本日は全般的にリバーサルの流れが強まる。

アップル<2788> 328 +28
TPP関連の一角として物色が向かう。

トランスG<2342> 1009 +139
ノーベル医学生理学賞関連との見方も。

石垣食<2901> 249 +49
TPP大筋合意見通しと伝わり低位食品株に物色。

ファンデリー<3137> 918 -7
前週テレビ出演予定などから大きく上昇した反動。

GMOペパボ<3633> 3990 +700
「minne」の9月度累計DL数や流通額は前月比2ケタの伸び。

田中化研<4080> 1045 +76
引き続き利益確定売り優勢だが1000円割れ水準で押し目買いも。

CANBAS<4575> 858 +150
抗がん剤候補化合物の用途特許について米国で特許査定受領。

DWTI<4576> 673 +90
出遅れバイオベンチャー株として関心高まる。

サンバイオ<4592> 1118 +35
外傷性脳損傷の治療薬候補について臨床試験開始と報じられる。

ファストロジク<6037> 2852 +500
新サービスリリースをきっかけにリバウンド続く。

文教堂HD<9978> 638 +81
ノーベル文学賞を巡り思惑買いも。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均