6272 レオン自動機 東証1 15:00
879円
前日比
-15 (-1.68%)
比較される銘柄: 日精樹脂ニッセイキトー
業績: 今期予想
機械
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.1 1.24 2.28 1.96

銘柄ニュース

戻る
2015年11月30日14時00分

レオン自動機が大幅高、好業績に材料性加わり19年ぶりの高値圏突入

 レオン自動機<6272>が大幅高で年初来高値を更新。製パン機メーカーで高い商品技術力に定評があり、好業績を背景に11月初旬に上放れてから一貫した上昇波を形成している。長期波動でも2014年1月につけた高値818円を払拭し1996年12月以来約19年ぶりの高値圏に突入している。15年4~9月期の連結売上高は129億500万円(前年同期比16.5%増)、営業利益は17億4300万円(同2.1倍)と高変化を示した。食品加工機が国内コンビニ業界向けや海外では米国向けに伸びて収益を押し上げている。また、食品製造販売事業では米国でのオレンジベーカリーでは、バタークロワッサンの販売が好調で業績に寄与している。
 TPP関連としても収益環境には順風が吹く。関税率の高い小麦は実質的な関税である「輸入差益」を9年目までに45%削減される方向で製粉や製パンメーカーには大きなメリットとなり、これは製造機械を手掛ける同社にも追い風だ。さらに、市場では「食品加工や、流通、販売にも農業者が主体的かつ総合的に関わる農業の六次化で、地方創生と絡め同社の活躍素地が拡大するとの見方も手掛かり材料となっているようだ」(国内ネット証券大手)としている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2015年11月30日 14時03分

【関連記事・情報】

日経平均