6195 ホープ 東証M 14:56
1,584円
前日比
-8 (-0.50%)
比較される銘柄: トレンダ博展メディアF
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.5 4.30

銘柄ニュース

戻る
2016年06月16日11時28分

アトラエが乱高下、ビジネスモデルの評価高いが割高感を警戒

 前日に新規上場したアトラエ<6194>が乱高下。成功報酬型求人メディア「Green」の運営が主力事業で、成功報酬型を取り入れたことによる独自のビッグデータの蓄積と活用によるマッチング精度の高さで、既存の求人広告メディアなどとは似て非なるビジネスモデルを構築している点や、IPO銘柄特有の値動きの軽さへの期待から買いが入っている一方、初値1万2720円のPERが70倍を超えていることから、割高感を嫌気した売りも出ているようだ。

 一方、同じく前日に新規上場したホープ<6195>は朝方から急落。自治体の財源確保を支援する総合サービスを手掛けているが、ストックオプションの未行使残高があり、全数が上場直後から行使可能となることなどが警戒されているようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均