6194 アトラエ 東証M 15:00
10,950円
前日比
-300 (-2.67%)
比較される銘柄: キャリアデザ学情MRT
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
42.3 12.28 1,076

銘柄ニュース

戻る
2016年09月08日15時47分

アトラエ Research Memo(8):大幅増収・増益計画の達成に向けて業績は順調に進捗


■業績動向

(2) 2016年9月期会社計画と第3四半期累計業績

アトラエ<6194>の2016年9月期業績は、投資一巡により「Green」が回収期に入ったとの判断から、売上高が前期比51.2%増の1,266百万円、営業利益は同262.6%増の341百万円、当期純利益は同236.3%増の216百万円と大幅増収・増益を見込む会社計画となっている。

2016年9月期第3四半期累計(2015年9月-2016年6月)の業績は、売上高932百万円、営業利益273百万円、四半期純利益174百万円となり、通期計画に対する進捗率は売上高が73.6%、営業利益が80.2%、当期純利益が80.8%となった。

第3四半期累計期間の新規登録企業数は397社、「Green」経由の入社人数は1,020人となり、既に前期実績(新規登録企業数379社、入社人数997人)を上回った。第3四半期(4月-6月)における新規登録企業数は128社、入社人数は412人を数える。

こうした新規登録企業数、入社人数が順調な拡大トレンドとなっているのは、同社が求人企業と求職者のマッチング効率向上のためのコンテンツの拡充、新規登録求人企業獲得強化のための施策を行っている効果が顕在化していることが要因と考えられる。

マッチング効率向上のためのコンテンツの拡充に関する施策について具体的に見ると、新規登録者向けには過去の選考結果とユーザー属性データを解析し広告出稿時のターゲティングに活用しているほか、既存登録者には「Green」のコア機能であるアプローチ機能(気になる/会いたい)の表示/通知方法等のUI/UXのブラッシュアップを行っている。一方、求人企業に対しては、BPO活用により申し込みから掲載までの生産性の向上を図り、それにより発生した余剰リソースを企業フォローや、採用予定数の多い企業に対する高度なレポーティングの作成に充当した。また、新規登録求人企業獲得強化の施策としては、営業人員を増員している。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 森本 展正 )

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均