6178 日本郵政 東証1 15:00
1,527円
前日比
+21 (+1.39%)
比較される銘柄: ゆうちょ銀かんぽ生命三菱UFJ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.6 0.46 3.27 2.04

銘柄ニュース

戻る
2016年03月07日12時57分

日本郵政が小動き、国内大手証券は短期的な業績下振れ懸念は小さいとみる

 日本郵政<6178>が小動き。安寄り後に高い場面があったものの、指数の下げにつられて下げ幅を拡大する場面があった。現在は前週末終値1517円近辺で推移している。

 SMBC日興証券は、日銀の追加金融緩和の影響を織り込み、同証券の業績シナリオを下方に修正。変更ポイントは、日本の長期金利の見通しの下方修正、キャピタルゲインの下方修正としている。ただ、日銀の追加金融緩和により、金融2社の業績には下押し圧力がかかっているものの、巨額の含み益が存在することに加え、手数料水準の見直し余地があることを考えると、短期的な業績下振れ懸念は小さいとみていると解説。

 同証券は、投資評価は「2」(中立)を継続し、目標株価を2000円から1500円へ引き下げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均