6178 日本郵政 東証1 15:00
1,447円
前日比
-28 (-1.90%)
比較される銘柄: ゆうちょ銀かんぽ生命三菱UFJ
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.6 0.44 3.46 1.97

銘柄ニュース

戻る
2015年11月11日16時03分

日本郵政---上場2日目以来の高値更新、不動産開発強化報道など材料視


日本郵政<6178>は後場も一段高、上場2日目に付けた高値1854円を更新している。郵政グループ3社の中でも、調整一巡後の反発力は強まる格好に。FTSEリバランス一巡の影響なども本日は懸念されたが、全国の主要ターミナル駅前での不動産開発を強化しているなどと報じられていることで、保有不動産などへの関心があらためて高まる状況に。前日には、ゆうちょ銀やかんぽ生命の限度額上げなども伝わっており、規制緩和を好感した海外投資家の資金流入加速なども引き続き思惑視される。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均