6176 ブランジスタ 東証M 15:00
1,916円
前日比
-42 (-2.15%)
比較される銘柄: セプテニHDエムアップアエリア
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
8.91 138

銘柄ニュース

戻る
2016年03月16日12時31分

ネクシィーズ---LED照明レンタルサービスが成長をけん引


ネクシィーズ<4346>は、LED照明レンタルサービスの利用者獲得を行うライフアメニティ事業を展開するNexyz.BBをグループの中核事業として位置づけ、グループ各社とのシナジーを創出。特にLED照明レンタルサービスが主力事業に急成長。普及させる商品に社名が影響されないようにするため、同社の商号を2016年4月1日に「(株)ネクシィーズ」に変更。それに伴い上場会社である(株)ネクシィーズは、持株会社としての位置付けをより明確にし、グループ経営体制を強化するため、商号を「(株)ネクシィーズグループ」に変更することもあわせて決定している。また、同社は業務用冷蔵庫、節水装置、空調などもLED照明レンタルサービスと同様のレンタルスキームで、初期費用0円で提供を開始している。

東証マザーズに上場したグループ会社のブランジスタ<6176>は、スマートフォンの普及以前、タブレット端末の発売前である2007年より電子雑誌「旅色」を創刊。新しいメディアのポジションを目指し、現在11誌の電子雑誌を発行している。今後も、さまざまなジャンルの新雑誌を創刊していくとともに、国内のみならず、世界中でも無料で読める電子雑誌へとさらなる成長を目指す。
また、同社は2015年10月、オンライン・スマートフォンゲームの製作を手掛ける子会社(株)ブランジスタゲームを設立。AKB48を初め、数々のヒットを手掛けた作詞家の秋元 康氏を総合プロデューサーに迎え、従来のオンラインゲームとは違った新しい企画で勝負する。その第一弾のサービス名称は「神の手」となっており、これまでにない斬新なオンライン・スマホゲームを軸に広範囲なサービス展開を予定しているとのこと。

2015年9月期業績は、売上高が前期比28.7%増の106.47億円、営業利益が同81.0%増の10.13億円、経常利益が同99.3%増の10.31億円、当期純利益が同221.9%増の8.41億円だった。ライフアメニティ事業が飛躍的に成長。エネルギー環境事業部を3年前にスタートし、9名の営業から、300名体制へ。2020年までの予測として、導入店舗数は15年9月期の15000店舗から、約3倍の50000店舗を予想。

足元の業績では、16年9月期の第1四半期(15年10-12月)の売上高が前年同期比52.3%増の32.11億円、営業利益が同226.4%増の3.31億円、経常利益が同205.7%増の3.25億円、四半期純利益が同197.8%増の1.55億円だった。LED照明レンタルサービスを行う、ライフアメニティ事業が好調であり、引き続き本事業が成長していく見込みである。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均