6086 シンプロメンテ 東証M 14:55
1,390円
前日比
-4 (-0.29%)
比較される銘柄: CSSアルファクス精養軒
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
15.5 2.68 2.16
決算発表予定日  2017/01/13

銘柄ニュース

戻る
2016年06月15日09時25分

シンプロメンテ--- 『店舗運営に欠かせない存在』として成長を加速、今期は大幅増収増益


シンプロメンテ<6086>は、飲食・物販・小売などのチェーンを主要顧客とし、店舗の設備・機器の修理・修繕といったメンテナンスサービスを提供する企業。店舗メンテナンスをワンストップで提供できるよう、サービスメニューを拡大し、『店舗運営に欠かせない存在』として成長を加速している。2013年12月に東証マザーズへ上場。

同社の強みの1つは、『メンテキーパー』と呼ばれる協力業者を全国レベルでネットワーク化していることで、その数は現在4,800超にまで拡大している。また設備・機器の通常の使用方法や手入れ方法、緊急時の応急処置、手入れ等を実施しないことによる影響、その結果の不具合発生、その一連の対応コストの説明まで体系立てた講義実践を『メンテナンス道場』というサービスとして提供している点も、他社にはない魅力の1つだ。

足元の業績は16年2月期で、24時間365日対応する主力の『緊急メンテナンスサービス』が、(1)大口の新規顧客獲得(2)メンテナンス業務のアウトソーシング化を推進している一部既存顧客との取引量拡大(3)既存顧客のサービス対象店舗数増加などが主因となり、前年に引き続き、創業以来最高の売上高を達成した。その結果、売上高が前期比14.6%増の49.36億円となった。営業利益は同比101.7%増の2.11億円、経常利益は同比100.8%増の2.11億円となり、非常に好調な業績となっている。

17年2月期の連結業績予想は、『質』『量』双方の側面から、サービスを向上させることで、売上高が前期比11.4%増の55.00億円。営業利益は同比18.5%増の2.50億円、経常利益は同比18.1%増の2.50億円を見込んでいる。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均