6083 ERIホールディングス 東証1 15:00
911円
前日比
+9 (+1.00%)
比較される銘柄: ダイサンワタベHyAS&C
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
17.4 3.11 3.29 13.63
決算発表予定日  2017/09/29

銘柄ニュース

戻る
2015年12月29日09時05分

ERIHDがカイ気配スタート、適合性判定手数料など減少し11月中間期は大幅営業増益

 ERIホールディングス<6083>がカイ気配スタート。28日の取引終了後に発表した第2四半期累計(6~11月)連結決算で、売上高59億2300万円(前年同期比0.8%増)、営業利益3億2700万円(前年同期1400万円)と大幅増益となったことが好感されている。

 上期は、建築基準法改正で6月から適合性判定手数料の取り扱いが変更になったことから、確認検査事業は減収となったものの、住宅性能評価および関連事業やその他事業は伸長し売上高を押し上げた。これに加えて、適合性判定手数料などの費用が減少したことで、大幅増益となった。なお、16年5月期通期業績予想は、売上高118億6600万円(前期比0.7%減)、営業利益7億4100万円(同2.5倍)の従来予想を据え置いている。


出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均