6079 エナリス 東証M 15:00
654円
前日比
-19 (-2.82%)
比較される銘柄: エフオングリムス省電舎
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.81 24.56

銘柄ニュース

戻る
2015年11月11日07時34分

前日に動いた銘柄 part2:日本郵政、アドベンチャーなど


銘柄名<コード>⇒10日終値⇒前日比

戸田工業<4100> 310 -24
通期経常利益は8億円から2.5億円に減額。

日本管理<3276> 1112 -121
第3四半期2ケタ増収増益も期待値には届かずか。

KNT?CT<9726> 257 -25
第3四半期好決算発表も出尽し感につながる。

ジャムコ<7408> 3905 -235
決算発表後は下値模索の展開続く。

日本曹達<4041> 773 -55
クレディ・スイス証券では「ニュートラル」に格下げ。

浜松ホト<6965> 3100 -170
実績は計画未達で今期も営業減益予想。

航空電子<6807> 2156 -104
電子部品株には全般戻り売りが優勢となる。

テクノプロ<6028> 3335 -180
海外投資家の戻り売りなどに押される。

FPG<7148> 834 -32
信用買い残などは高水準で。

東京製綱<5981> 186 -8
上半期経常利益は計画下振れで3割減益。

レオパレス21<8848> 667 -26
前日は復配の発表などで上昇も目先の出尽し感。

クレセゾン<8253> 2357 -90
業績上方修正も利息返還請求など依然懸念残る。

デンカ<4061> 547 -25
大幅上振れ決算も好業績は織り込み済みか。

東北電力<9506> 1594 -64
野村證券では目標株価を引き下げ。

百十四銀行<8386> 456 -4
決算発表で出尽し感が優勢にも。

三菱UFJ<8306> 829.0 +6.8
資本規制の報道伝わるが安心感にもつながる。

日本郵政<6178> 1755 +53
FTSEリバランス控えて需給思惑高まる。

鹿島<1812> 684 +2
大手ゼネコン株の一角には見直しの動きも。

ファストリ<9983> 47600 +880
マッコーリーでは投資判断を格上げの観測。

アルプス<6770> 3885 -95
本日は好業績の電子部品株が冴えない動きに。

ブリヂストン<5108> 4590 +30
前日に決算発表、実績値は想定を上振れ。

アシックス<7936> 2818 +108
2度目の下方修正嫌気で前日に急落の反動。

SMC<6273> 32200 +180
通期業績予想は想定外の下方修正で売り先行も。

光陽社<7946> 137 +30
調整一巡感から仕掛け的な動きにも。

カネミツ<7208> 1519 +140
引き続きインフレーターの需要シフト期待で。

日本アクア<1429> 374 +54
15年7-9月期は大幅に収益改善。

クルーズ<2138> 3010 +500
15年7-9月期の業績持ち直しで過度な警戒感が後退。

イメージワン<2667> 467 +80
ドローン関連として。16年9月期は再び黒字転換の計画。

キーパー技研<6036> 1414 -129
15年7-9月期は10.8%営業増益ながらやや低進捗とも。

エナリス<6079> 339 +59
15年7-9月期は5四半期ぶりに営業黒字転換。

ブランジスタ<6176> 1444 -236
信用規制実施で利益確定売り優勢に転じる。

タツモ<6266> 1549 +300
台湾・弘塑科技と資本業務提携。

アドベンチャー<6030> 7300 +870
オランダ社と事業提携。決算期待も。

エスケーエレク<6677> 849 -189
16年9月期営業利益は前期比76%減の見通し。

ラ・アトレ<8885> 688 +100
15年12月期業績予想を上方修正。

《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均