6071 IBJ 東証1 15:00
626円
前日比
-8 (-1.26%)
比較される銘柄: リンクバルみんなのWパートナーA
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
29.8 12.56 1.91

銘柄ニュース

戻る
2016年02月17日07時58分

IBJ---15年12月期は3割超の営業増益、中期経営計画発表で18年売上高100億円目指す


IBJ<6071>は12日、15年12月期決算を発表した。売上高は対前期比24.3%増の41.23億円、営業利益は同31.1%増の8.43億円、経常利益は同32.8%増の8.36億円、最終利益は同40.3%増の5.67億円での着地となった。3割超の営業増益と9期連続の増収を達成した。

事業部別売上高の増減率はコミュニティ事業が対前期比+49.2%、イベント事業が+28.2%、ラウンジ事業が+15.9%、コーポレート事業が17.5%となった。また、婚活サイト「ブライダルネット」を運営するコミュニティ事業の月会費課金者数が前年同月比60.5%増となるなど、全事業部が順調に成長した。

16年12月期会社計画は、売上高が対前年比18.4%増の48.83億円、営業利益が同18.6%増の10.00億円、経常利益が同18.6%増の9.92億円、最終利益が同17.0%増の6.64億円と引き続き2ケタ増収増益を見込んでいる。なお、15 日付で東証の自己株式立会外買付取引(ToSTNeT-3)により発行済株式総数(自己株式除く)の1.37%に当たる505,300株の自己株式を取得した。

また、「2016年~2018年中期経営計画」もあわせて発表している。2016年以降は既存事業を成長させながら「周辺領域拡大」と「社会的価値の追求」を図る期間に位置付け、2018年に会員数100万人、売上高100億円企業となることを目指す。利益面では、営業利益20億円(営業利益率20%)、経常利益20億円、最終利益13億円を目標に掲げている。
加えて、売上高を伸ばす施策としてユーザー数拡大とLTV(顧客生涯価値)の向上を掲げた。また、海外進出や「人と人のつながり」を高付加価値として提供するビジネスとして、同社元来の強みを活かしたサービス展開を図ることついても言及した。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均