6038 イード 東証M 15:00
1,216円
前日比
+4 (+0.33%)
比較される銘柄: データセクサイジニアインテージH
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
35.5 1.98 11.96

銘柄ニュース

戻る
2016年07月15日09時31分

イードがS高カイ気配で推移、シータと提携しVR市場に本格参入

 イード<6038>がストップ高水準で買い気配。14日の取引終了後、高品質な3D対応のVR映像の制作を行うシータ(東京都中野区)と業務提携を行い、VR(バーチャルリアリティ=仮想現実)市場に本格参入すると発表しており、これを好感した買いが入っている。

 今回の提携の第1弾として、アイドルの実写映像に特化した高品質なVR映像配信プラットフォーム「EINYME(エイニーミー)」を14日付で公開した。アイドル達が実際に目の前に存在するように感じられる新しい体験を提供しているほか、ヘッドフォンを使用することで臨場感あふれる立体音響でも楽しむことができるようになっているという。

 また、「EINYME」では、VR映像配信プラットフォームとして、自社制作コンテンツの配信だけでなく、他社制作によるコンテンツ配信も行うほか、PC以外の提供環境についても準備を進めるとしており、業績への貢献が期待されている。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均