6035 IRジャパン JQ 15:00
1,130円
前日比
-11 (-0.96%)
比較される銘柄: 宝印刷プロネクサス中本パックス
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
19.5 3.29 2.92 274

銘柄ニュース

戻る
2016年12月02日15時30分

IRJーHD Research Memo(8):40年ぶりに証券代行業界に新規参入


 

■証券代行事業について

アイ・アールジャパンホールディングス<6035>は40年ぶりに証券代行業界に新規参入をした。2009年に株券電子化が行われ、今まで信託銀行でないとできなかった日々変動する株主を把握をするのは同社としては必然のことだった。株券電子化で、以下のように株主名簿の管理方法が変わった。

ある日付での株式の名義人を確定するには、A社の証券代行機関が「ほふり」((株)証券保険振替機構)に対して、A社の株式の保有の事実を株主が指定する口座管理機関(証券会社)に問い合わせを行い、電子データとして確定させる。証券代行機関は、この電子データを処理して株主名簿を作成する。つまり、全株主との接点は口座管理機関(証券会社)に移行され、従来の証券代行機関=名義書き換えという概念が変わった。名義書き換えは証券会社が行っていることになる。同社では「ほふり」への問い合わせの翌日には全株主名簿が作成できる。

一方、通常の信託銀行は「ほふり」への問い合わせ後、株主名簿作成までに10日から2週間程度かかる。プロキシーファイトを行っている場合、10日間も待っていられない。同社が参入した理由がここにある。

元々、株主名簿が役に立たないというところから同社はビジネスを展開してきている。同社としては株主と企業のかけ橋のビジネスを行っている関係で、同業界への参入は当然の選択だったとも言える。同社の証券代行事業は、費用は従来の半分以下の水準で、年間費用は基本料のみ、株主名簿取得費用は一切不要としている。受託実績は、受託決定済み企業数41社、管理株主数263,641名(2016年11月4日時点)となっている。

直近の数値が上がっているのは、先ほど紹介した医療系企業の株主数だ。今後も証券代行ビジネスにさらに注力していく考えだ。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 福田 徹)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均