6033 エクストリーム 東証M 10:50
2,298円
前日比
+78 (+3.51%)
比較される銘柄: シリコンスタAimingKLab
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
26.9 5.86 0.65 2,237

銘柄ニュース

戻る
2016年02月15日11時46分

エクストリーム---3Qは増収減益、ブラウザゲーム開発案件の中止など響く


エクストリーム<6033>は12日、2016年3月期第3四半期(15年4-12月)決算を発表。売上高は前年同期比46.6%増の17.60億円、営業利益が同31.0%減の0.94億円、経常利益は同26.2%減の0.96億円、四半期純利益が同23.4%減の0.63億円となった。

事業別に見ると、ソリューション事業は売上高が前年同期比38.8%増の14.38億円、セグメント利益が同32.5%増の3.32億円となった。人材ソリューションサービス及び受託開発サービスともに、スマートフォンを中心とした開発案件の需要が旺盛なほか、クリエイター&エンジニアの自社養成にも積極的に取り組み、稼動プロジェクト数は2,435(前年同期比586プロジェクト増)となった。

コンテンツプロパティ事業は、売上高が前年同期比96.1%増の3.22億円、セグメント損失が0.35億円(前年同期は0.16億円の利益)となった。ライセンスサービスにおいて任天堂3DS向け家庭用ゲーム「ラングリッサー リインカーネーション?転生?」の海外バージョンのローカライズ(翻訳)開発業務を受注・納品したほか、協業開発サービスで新規プロジェクトを2タイトル受注した。一方で、ゲームサービスにおける「桃色大戦ぱいろん」シリーズ統合による一時的な売上減少、協業開発サービスにおいて大手ゲームパブリッシャーより継続受注中だったブラウザゲーム開発案件が急遽中止となり、セグメント損失を計上した。

通期見通しについては従来計画を据え置き、売上高は前期比32.0%増の22.00億円、営業利益は同8.2%増の2.00億円、経常利益は同5.4%増の1.85億円、当期純利益は同7.5%増の1.17億円を見込む。

《YF》

 提供:フィスコ

日経平均