6030 アドベンチャー 東証M 13:04
7,140円
前日比
+60 (+0.85%)
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
67.3 13.42

銘柄ニュース

戻る
2016年09月13日16時57分

アドベンチャー Research Memo(11):アジアを中心に世界展開、生活関連参入により事業領域の拡充にも取り組む


■成長戦略

アドベンチャー<6030>の成長戦略は、世界展開を含む既存事業のシェア拡大と事業領域の拡充の大きく2軸である。特に、世界展開については、有力なグローバルメタサーチ(旅行検索サイト)との連携などにより、OTAの普及が十分に進んでいない(競合が少ない)アジアを中心に据える方針であり成長余地は大きい。また、事業領域の拡充については、旅行関連への横展開から、さらには生活関連への参入を図ることにより、「総合予約プラットフォーム」の確立を目指すものである。中期的な目標として、既存事業の拡大により2020年の取扱高500億円、さらには長期的な成長イメージとして、生活関連への参入や世界展開の進展により2030年の取扱高1兆円を目指している。

航空券予約という旅行の入り口で顧客接点を握る同社にとって、そこから展開できる事業機会の可能性は大きい。また、20代から30代のロイヤリティの高い顧客基盤は、他社との提携を進めるうえでも有利に働くであろう。今後の課題は、成長スピードをいかに早めていくのかにあるが、経営資源(人材や資金、時間など)が限られているなかで、恵まれた事業機会の取捨選択や優先順位の付け方が重要なポイントになると考えられる。また、同社が意識するグローバルOTA(エクスペディアやプライスライン等)がそうであるように、成長を加速するためには、他社との提携やM&Aを効果的に行う必要があるため、目利きや交渉力についても問われることになるだろう。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田 郁夫)

《HN》

 提供:フィスコ

日経平均