5975 東プレ 東証1 15:00
2,831円
前日比
+11 (+0.39%)
比較される銘柄: アドバネクスパイオラックジーテクト
業績: 今期予想
金属製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
12.3 1.34 1.41 0.42

銘柄ニュース

戻る
2015年09月09日14時16分

国内独立系調査機関、日経平均妥当レンジは17350~18700円、米利上げならアク抜けも

 国内独立系調査機関では、FOMCにおいて利上げ発表があれば、「一時的には株価は下落する可能性は高い」としながらも、「アク抜けから出直りのきっかけになることが期待できる」と指摘。逆に、利上げ見送りの場合は、「瞬間的に株価の浮揚が見られても、重石が存続することになる」とみて、16~17日のFOMCまでは「神経質な状況が続きそう」と解説。
 日経平均妥当レンジを18300~19700円から17350~18700円に引き下げ。注目銘柄として、東プレ<5975>、浜松ホトニクス<6965>、ティー・ワイ・オー<4358>、サトーホールディングス<6287>、オムロン<6645>、楽天<4755>、日立製作所<6501>を紹介している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均