5947 リンナイ 東証1 15:00
9,390円
前日比
-110 (-1.16%)
比較される銘柄: ノーリツ長府製コロナ
業績: 今期予想
金属製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
20.8 1.91 0.92 0.15

銘柄ニュース

戻る
2016年07月21日12時17分

リンナイ、外資系証券は住宅関連銘柄に対し相対株価下落が続くと割安感が出てくる可能性があると指摘

 リンナイ<5947>が小動き。小幅高で前場の取引を終えている。

 欧州大手証券では、18年3月期に広告宣伝費が増加し、営業増益率が鈍化することを株価が織り込んでいると指摘。インカムゲインでの投資魅力が乏しいため、広告宣伝費の増加による増益率の低下は株価バリュエーションの下落要因となってきたものの、他の住宅関連銘柄に対して相対株価の下落が続くと、株価に割安感が出てくる可能性があると解説。

 レーティング「ニュートラル」と目標株価8600円を継続している。
《MK》

株探ニュース



日経平均