5938 LIXILグループ 東証1 15:00
2,506円
前日比
-60 (-2.34%)
比較される銘柄: 三協立山TOTOタカラスタ
業績: 今期予想
金属製品
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
18.9 1.45 2.39 0.42

銘柄ニュース

戻る
2016年01月20日11時26分

LIXIL、欧州大手証券は同社を評価する投資家が増える可能性があるも増資リスクは存在するとの見解

 LIXILグループ<5938>が失速。プラスサイドで始まったものの、買い一巡後は売りが優勢の流れ。現実は今日の安値圏で推移している。

 クレディ・スイス証券では、株価バリュエーションは適正な水準にあるものの、同社を評価する投資家が増える可能性があると指摘。それでも、DBJが保有するGrohe持分の買取金額650億円程度を捻出するために、同社の増資リスクは引き続き存在するとの見方で、16年3月期営業利益を675億円(会社計画は620億円、市場コンセンサスは818億円)と予想。

 レーティングを「アンダーパフォーム」から「ニュートラル」に、目標株価を2300円から2400円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均